ブラックリスト歴があってもクレジットカード作れる?どうしてもクレカが必要

ブラックリスト歴があってもクレジットカード作れる?どうしてもクレカが必要

 

ブラックリスト入りをしているとクレカが作れない、という噂を耳にしたことがある人は多いと思います。しかし、これは一生作れない訳ではありません。

 

そもそも、ブラックリストとはどのようなものなのでしょうか。これは、個人信用情報期間が、一定期間以上クレジットカードやカードローンなどの支払いが遅れた顧客に対して、通常の延滞と区別した情報を登録したものをいいます。この登録された情報は「異動情報」「事故情報」「延滞情報」「遅延情報」などの名称と呼ばれ、これがブラック情報と呼ばれることから俗称として生まれました。

 

ブラックリストの中にも、過去24ヶ月以内に2ヶ月連続で支払い遅延や延滞を起こした場合と、3ヶ月以上の延滞で、「異動」が付いてから5年が経っていない場合の2つが存在します。

 

1番目の「過去24ヶ月以内に2ヶ月連続で支払い遅延・延滞を起こした場合」に当てはまる場合、ブラックリストは一時的なものとなります。

 

 

スポンサードリンク

 

遅延・延滞を起こした場合はクレヒスとよばれる信用履歴に「正常支払い以外を示す、AまたはPのマーク」が付いてしまっている状態で、このマークがある分だけ、クレカの審査には落ちやすくなってしまいます。この信用履歴は直近の24ヶ月が残ってしまう仕組みになっているので、新たな「クレジットカードの支払い実績」を作らないと、古い履歴を押し出すことができません。

 

こちらの場合は、クレジットカードで新しく支払いをして実績を作り、信用履歴の古く悪いものを後ろに追いやることで、査定で「この人は最近の履歴では正常に支払いをしている」と判断されやすくなります。

 

なのでこちらに当てはまる場合は、「現在要っていの収入があるかどうか」を重視し審査してくれるようなカードで新たな支払い実績を作り、半年後を目安に好きなクレカに申込みすることで、希望のクレジットカードを作ることができるようになります。

 

 

2番目の「3ヶ月以上の延滞で、『異動』が付いてから5年が経っていない場合」は、先に述べた「異動情報」が付いてしまった状態になり、こちらの場合は5年間情報が残ってしまいます。

 

こちらの場合は確かに「クレジットカードの審査に通り難く」なりますが、「絶対に通らない」場合ではありません。こちらはカード会社や状況によりけりなので、審査に申し込んでみるしか答えは分からなくなります。

 

 

ただし、自己破産や任意整理などの「債務整理」を行った場合はこれの通りではなく、異動が付いた場合よりもクレジットカードを作るのが難しくなっていることに注意しなければなりません。こちらの場合、信用情報機関CICと日本信用情報機構JICCで自身の債務整理の情報が消えていることを確認した方が確実になります。

 

 

また、銀行系のカード他のカードに比べて審査が厳しく、先に述べた条件に当てはまってしまう場合は、銀行との取引を地道に行い、信用を積み重ねる必要があります。
5年以上取引を続け、経緯を窓口で銀行員に話して申込み相談を行うと、審査が落ちた場合、クレヒスに問題がなければ、その旨を銀行員に相談してみると、銀行側から再審査の申請をしてくれる場合があります。この時、銀行との取引実績が資料としてカード会社に送られるので、どうしても銀行系のカードを持ちたい場合には覚えておきたい方法です。

 

また、先に述べた「過去24ヶ月以内に2ヶ月連続で支払い遅延や延滞を起こした場合」と「3ヶ月以上の延滞で、「異動」が付いてから5年が経っていない場合」に当てはまらないのに審査に落ちる場合もあります。

 

これは今までクレジットカードを用いてこなかった場合が多く、その場合「信用履歴がない」状態になっているので、こちらも審査に通りやすいカードを作って信用履歴を積み重ねる必要があります。

 

 

ブラックでも借りれるカードローン

 

正味な話をすれば、「ブラックキャッシングが可能なカードローン」というものは存在しています。ただし、申込みブラックや正当な理由がある状態でブラックになってしまった状況を除いて契約できる機会はないと考えても良いほどの状況で、ともすれば悪質な貸金業者(闇金など)の被害に遭ってしまう可能性も高くなっていきます。

 

ブラックな状態というものをいくつかに分類していくと、まずは前述の通り「申し込みブラック」という状態があります。申し込みブラックになってしまう理由は、短期間に複数のカードローン申し込みを行ってしまうことが原因です。

 

カードローン会社は、申し込みを受けた段階でその人の氏名・生年月日などから個人信用情報機関に登録されている情報を照会します。ここには当人にまつわる様々な信用取引の履歴が登録されていて、その中から「リスクの高い情報はないか」ということを確認するためにカードローン会社は情報照会を行います。

 

この時、カードローン会社は申込者の情報を全て閲覧することが出来る訳では無く、ごく一部の情報のみが閲覧できる状態になります。ですが、「いつ照会された履歴があるのか」ということは確認することが出来るため、複数の申し込みを行うとそれだけ情報照会をしたという履歴が増えてしまいます。

 

通常、ここに登録されている情報が照会されるのは「ローン契約」をする時です。どこが照会したのかということが分からなくとも、な何らかの形で(カード)ローンを利用しようとした可能性が高いということだけは予測することが出来ます。ということは、「それだけお金に困っている状態にある」ということも推測できるため、貸し手にとってはリスクが高いと判断されてしまう可能性が高まっていきます。

 

同時に、申し込みの履歴(情報照会の履歴))があるにもかかわらず、新しくローン契約をした形跡が無ければ「審査をパスできなかった」と判断されてしまいやすくなります。真実は審査で否決された訳では無かったとしても、その事実を知り得ない貸金業者にとってはよりリスクを回避できるような判断をした方がメリットがあるので、ここまでの情報を元に「融資は危険」と判断してしまうことが多くなります。

 

このように、実際に審査を受けた結果がどうなるのかには関係なく、「申し込みをした段階で危険人物として判断されてしまう状況」を申し込みブラックと呼ぶわけです。

 

この申込みブラックですが、仮にそうなってしまったとしても「一定期間消化で自動解消」されます。尤も、それまでの期間に新たなローン申し込みをしないという条件が付きますが、何もせずにいる状況であれば約半年で状態が解消されます。100%その期間で解消されると言う訳では無いのですが、おおむね解消される可能性が高いので最低でもこの期間を空けた後に改めて申し込みをするようにしましょう。

 

とは言え、どうしてもお金を借りなければいけないような状態であれば、申し込みブラックの状態でも融資が受けられる可能性はあります。そもそも申し込みブラックのリスクとは、「本来の審査を受けることなく拒否されてしまうこと」にあります。しかし、実際にどういった状況でそうなっているのかを説明することが出来、その説明で消費者金融などが納得した場合には問題なく融資をしてくれる可能性があります。

 

「何が何でもお金を借りたくてたくさん申し込みをした結果、申し込みブラックになった」という状況では難しいでしょうが、「どこのカードローンが良いのか分からなくて手当たり次第に申し込みをしてしまった」というような状況であれば多少はチャンスが増えます。

 

しかし、それ以外の重大な問題に起因したブラックになっているのであれば、その状態で契約できるカードローンは無いと考えた方が賢明です。過去に借金を踏み倒したことがあるとか、債務整理・自己破産をしたことがあるという状況であれば、少なくとも過去に関係があったカードローン会社で新たに融資が受けられる可能性は極めて低くなります。可能性がゼロになってしまう訳では無いものの、申し込むにしても別のカードローン会社にした方が賢明です。

 

ただし、申し込み先を変えたところで個人信用情報機関に登録されている情報は共有されているため、その情報を照会できる状況であれば簡単に把握することが出来ます。その為、申し込み先を変えたところで同じ結果になってしまう可能性が高くなります。

 

そのような状況になると、「明らかに怪しい貸金業者」に手を出してしまいがちになります。「ブラックでも即日融資可」というような広告を見つけて安易に申し込みをしてしまうと、「闇金業者の被害に遭う可能性」が非常に高くなってしまい、状況がさらに悪化してしまうので十分に注意する必要があります。

 

「ブラックでも借りられるカードローン」は確かに存在していますが、だとしても「ブラックでも『安心して』借りられるカードローン」を見つけるための努力が必要です。

 

 

 

ソルボ外反母趾サポーター 外反母趾を改善し痛みを和らげる

 

ソルボ外反母趾サポーターの評価と口コミ

 

 

外反母趾と、足の親指が小指側に変形し、「くの字」になる状態をいいます。

 

女性がヒールの高い靴を履いてなることが多いですね。

 

逆に内反小趾は小指が親指側に変形する状態で、外反母趾と同時に起こる事が多くあります。

 

主な原因は靴で 、ハイヒールなどは外反母趾発生の最大の原因と考えられています。

 

ハイヒールを履くと、足底にかかる体重は前足部に集中します。
(4.0cmヒールで約1.5倍、9.0cmヒールで約3倍)

 

その結果、足は横に広がり開帳足になります。

 

しかしハイヒールの先は細くなっているため母趾は付け根で“くの字”に曲げられ外反変形を生じ、小趾は逆に内反変形を生じるのです。

 

外反母趾が進行してしまうと、普通の靴でも違和感を生じ、歩くだけで痛みがでるようになります。

 

そのようなつらい外反母趾・内反小趾の痛みをやわらげ、ひどい変形を矯正してくれるのが「ソルボ外反母趾サポーター」です。

 

ソルボ外反母趾サポーター