ジャパンネット銀行カードローン ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ジャパンネット銀行カードローン ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ブラックお金借りるときの利用先としてはジャパンネット銀行カードローンは適していません。ジャパンネット銀行に限らず、銀行のカードローンや大手の消費者金融のキャッシングでは申し込み者が信用できるか判断するための材料として個人信用情報機関の記録を使うので、ここに何らかのトラブルを起こして異動情報が記載されているブラックの状態になっていると信用が得られなくなります。ここで機械的に弾かれてしまうため相談する余地はなく、在籍確認まで進むことすらできません。
ブラックでお金を借りたいときには中小の消費者金融の利用を検討します。これはほとんど宣伝を行っていないので、口コミから探すことになります。中小であればどこでも対応してくれるわけではありませんが、ブラックでも現在の返済能力が認められれば融資可能としているところがあるので、そこに申し込みましょう。この際にいくつか注意しなければならない点があります。まず、審査に関して妥協が必要です。何も問題を起こしていなければカードローンの利用候補は多々ありますが、ブラックになっていると候補が限られているので拘り過ぎると利用できるところがなくなります。在籍確認は中小であっても必ず行われ、書類代用ができないことも多いです。返済能力が本当にあるか確認するためには勤務先に電話して在籍していることを確認するのが確実であり、信用されにくくなっているブラックの人に対しては特に重要となります。しかし、これは他社と同様に消費者金融の社名を名乗ることも、在籍確認であることを明かすこともないのであまり気にしなくても良いでしょう。問題となるのはそもそも返済能力を認められるかであり、ブラックの人が申し込んでも落ちることが多いです。ブラックでも融資を認めているというだけであり、積極的に融資するということではないことを理解しておきましょう。業者によっては信用できるか判断するために、指定した店舗に面談に来るように要求されることがあります。聞き慣れない消費者金融が相手なので不安に感じることもありますが、これを拒否してしまうと融資を受ける気がないものとされ、審査に落ちるので注意します。ただし、中小の消費者金融の名を騙る闇金融もいるので警戒する事自体は必要なことです。騙されないようにするにはその業者が届け出を出して正式に営業する許可を得ていること、また、提示されている代表者名や住所、電話番号などが登録されているものと相違ないことを確認します。無許可であったり、登録情報と差異がある場合は闇金融の可能性があるので利用しない方が良いでしょう。
ブラックに関してもどのようなものか知っておく必要があります。これは返済の遅延を起こしたり、債務整理を行った場合に個人信用情報機関に異動情報が記録されるものですが、これは金融業者が通知した際に記録されます。例えば返済の遅延の場合、61日以上の遅延が起きた場合に通知することになっています。遅延を起こすと金融業者から督促の通知が来ますが、この時点ではまだ記録されていないのですぐに返済すればブラックにはなりません。また、記録された場合でも永久に残るものではありません。早ければ5年間で削除されるので、参照されても気付かれなくなります。現在の記録がどうなっているかは個人信用情報機関に開示請求して確認できるので、ブラックになった人はカードローンの申し込みをする前に調べておくと良いでしょう。
異動情報がなくなっていればジャパンネット銀行でローンを組めるようになります。現在はカードローンの新規受け付けは終了しており、代わりにネットキャッシングに申し込むことになります。ネット専業銀行なので来店不要で手続きはWEBで完結します。利用するにはジャパンネット銀行の口座が必要なので持っていなければ同時に開設することになり、本人確認書類を提出しなければなりません。このときに郵送で送ると時間がかかってしまいますが、アプリを使って送信することで短縮できます。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングの審査に通るコツとして、希望限度額は年収と釣り合いの取れる金額にしましょう。銀行のキャッシングなので総量規制は影響しませんが、返済できない金額を貸すこともありません。金利を下げようとして限度額を高くし過ぎると審査で不利になります。また、年収の金額だけでなく安定性も重要であり、最低でも1年は継続して勤務した方が良く、勤続期間が長いほど信用されやすくなります。
ジャパンネット銀行の在籍確認に関しては他社と大きく異なる点があります。通常はプライバシーに配慮して個人名で電話をかけますが、ジャパンネット銀行は銀行名を名乗ります。しかし、周囲に気付かれたくない人であっても、決して不都合なことではありません。ネットキャッシング以外にもサービスが行われているため、クレジットカードに申し込んだなどの説明で誤魔化せます。個人名で在籍確認され、勘の良い人に気付かれた場合よりも説明しやすいとも言えます。