住信SBIネット銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

住信SBIネット銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ブラックお金借りるときに、住信SBIネット銀行カードローンを利用できるのか特徴を知る前に、ブラックがどのような状態であるか理解しておきましょう。クレジットカートやローンの返済が2か月以上継続したり、債務整理を行ったときに個人信用情報機関に異動情報が記録されます。この状態を一般的にブラックリストに載ったと呼んでおり、実際にそのようなリストがあるわけではありません。クレジットカードやローンは利用者の信用によって契約しても良いか、いくらまで使わせても良いか決定します。このときに過去の利用実績が重要視され、問題を起こさずに利用している、現在の残高が少ない、契約数が少ない状態であれば審査に悪影響がありません。しかし、そうでなければ審査に落ちる要因になります。ブラックになっていると問題を起こしたことが明確に分かるため、貸し倒れの危険性を抑えるために審査に通しません。これは銀行や大手の消費者金融で共通している基準であるため、住信SBIネット銀行カードローンの場合も申し込んでも契約できません。
ブラックになってしまうと簡単には信用を得られないので、お金を借りるのは容易なことではありません。しかし、全く契約できないわけではなく、中小の消費者金融の中にはブラックでも契約できるものがあります。このときの注意点として、必ず審査や在籍確認が行われるところを選びましょう。契約するには審査がない方が確実なので都合が良く思えますが、実際にはこれが悪徳業者であることを示唆しています。お金を借りたいからと契約してしまうと法定金利を超える不当な融資を受け、返済できなければ強引に取り立てされる危険性があります。正規の消費者金融ではこのような取り立てはできないので、審査もせずに融資して返済できなくなると損失になります。そのため、返済能力があるのか慎重に判断を行い、面談して何に使うのか聞き取りすることもあります。在籍確認も提出書類に虚偽がないか確認するために重要なものであるため、省略されることはありません。ブラックの人でも契約できると謳っていても、まともに審査をせずに融資してくれるという意味ではありません。中小の消費者金融の場合もブラックであることは信用を得にくくする要因であることは変わりないため、審査に通る可能性は低いです。契約できても信用性が低いので少額しか借りられません。そのため、節約を心掛けるなど、お金の使い方を変えることも検討した方が良いでしょう。
ブラックになっていても、5年以上経過すれば異動情報が削除されるので住信SBIネット銀行カードローンの契約ができるようになります。他の銀行と比べても好条件になる場合があるので利用する候補にできます。適用金利は0.99から14.79%とされていますが、これは2つのコースが一括りにされたものです。実際にはスタンダードコースが8.39から14.79%、プレミアムコースが0.99から7.99%になっています。このコースは自分で選ぶことはできず、審査で決定されます。スタンダードコースは条件が良いとは言えませんが、プレミアムコースで契約できれば非常に優れた条件になります。一般的に銀行カードローンは金利が低いと言われていますが、それでも限度額が低ければ上限が適用され、15%程度になるものがほとんどです。プレミアムコースであれば限度額が低くても7.99%になるので、少額の借り入れをしたい場合にも適しています。スタンダードコースになってしまった場合、条件の良い他のカードローンに申し込み、審査に通ったら解約することを検討しても良いでしょう。
住信SBIネット銀行は店舗のないネット専業銀行であり、自動契約機もないので申し込みはWEBだけになります。本人証明書類は郵送もできますが、画像のアップロードにも対応しているのでこちらの方が手続きに時間がかかりません。返済は住信SBIネット銀行の口座から引き落としになるため、口座がない場合は契約の前に開設することになります。
審査に通るコツとしては安定した収入を得ている必要があります。カードローンを利用するためにアルバイトを始めて申し込んだ、と言う状況では継続して収入を得られるのか判断できないので審査には通りません。勤続期間は長い方が良く、最低でも1年は勤務しましょう。職業によって審査で不利になることはないと言われていますが、実際には正社員とアルバイトでは違いが出ます。通常は正社員の方が安定しており、また、年収も高くなります。年収が低ければ高額の限度額を設定することはないので、限度額の設定で影響します。
住信SBIネット銀行でも在籍確認も行われ、勤務先に電話があります。この確認ができなければ勤務の実態がないとして審査に通らなくなりますが、本人が外回りなどで社内にいなくても取り次いだ人が在籍していると判断できる応対をしていれば確認できたものとされます。