佐賀共栄銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

佐賀共栄銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ブラックお金借りるコツは、定職に就き、在籍確認をクリアすることです。架空の会社に勤めていることにしても、必ず在籍確認があるので、嘘がばれます。しかし在籍確認の前に、電話を取りやすい時間帯を告げておくとスムーズに確認が完了します。仮に外回りに行っていたとしても、会社の人間がその旨伝えてくれれば、確認が取れたことになり、再度電話がかかってくることはありません。またブラックリストに載っている人がお金を借りるためには、なるべく審査の厳しくないカードローンを申し込むことが大切です。ブラックは、過去に金融事故を起こしているので、貸し倒れのリスクがあると見なされます。しかし勤め先があれば、返済能力があるということになり、審査に通りやすいです。尚、正社員であるかアルバイトであるかという区別よりも、勤続年数の方が重要視されます。できれば1年以上、同じところに勤めている方が良いですが、1年未満であっても他の条件をクリアしていれば、審査に通る可能性が高くなります。審査のポイントには、完済時の年齢や借入時の年齢なども関係してきます。特に一部上場企業などに勤務している必要はありません。正社員や公務員の方が有利ですが、中小企業のパートや契約社員でも、安定した収入があれば審査に通りやすいと言えます。お金を貸す側にとっては、毎月一定額を返済できるかどうかが重要です。その点、公務員は解雇される確率が低いので有利です。さらに入院歴はない方が望ましいです。特に生死にかかわる重篤な持病があると、審査でマイナスになります。また仮に一社でローン審査に落ちても、他の金融機関によっては通ることもあります。しかしブラックの場合は、審査落ちという情報が信用情報機関に記載されると、次の審査に落ちやすくなるため、注意が必要です。そのため、金利は高くなっても審査のハードルが低い金融機関を探すことも大切です。尚、自己破産後、まだ10年未満の人は、審査に落ちる確率が高くなります。さらに現在、複数の消費者金融から融資を受けている場合も、審査の厳しいところは避けた方が良いです。またローンの返済や携帯電話の支払いなどで、遅延の事実がある人も要注意です。その他、勤め先がなく自営業の場合は、経営状態が悪いと融資を受けられません。その点、佐賀共栄銀行のカードローンは、ブラックでもお金を借りやすい金融機関です。もちろん自己破産の免責を受けてから、最低10年経っていることが条件ですが、そうでなければ融資を受けることは可能です。佐賀共栄銀行は佐賀市松原に本店を構える銀行で、昭和24年に設立しました。店舗数は34店舗あり、地元の人々に親しまれています。住宅ローンやアパートローン、教育カードローンなどの他、新オートローンやオートローンカスタムなど、複数の金融商品が揃っています。目的別ローンとしては、リフォームローンやmyプランローンなどがあり、利用目的が自由なフリーローンも人気です。フリーローンの場合、申し込み時の年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が満80歳以下である必要があります。主婦でも申し込めますが、配偶者に収入があることが条件です。アルバイトやパート、さらに年金受給者でも申し込めます。ただし学生の場合は対象外となっています。また保証会社の保証が得られることも必須条件です。融資金額は、10万円以上500万円以内で、この範囲であれば1万円単位で借りられます。ただし、アルバイトや専業主婦の場合は、上限が100万円です。そして融資期間は6か月以上15年以内で、返済方法は毎月元利均等返済です。また毎月元利金等返済とボーナス返済とを、併用することもできます。年利は3.8%から13.0%となっており、比較的低金利です。融資金額が300万円を超える場合は、所得確認資料の提出を求められますが、300万円未満であれば、所得証明書は不要です。いずれの場合も、担保や保証人は必要ありません。また手数料として、初回に1,080円を支払います。尚、保証会社は九州総合信用株式会社となっており、住民票あるいは勤め先が、佐賀共栄銀行の営業エリア内にあることが条件です。さらに「フリーローンMORE」という名称のローンもあり、10万円以上1,000万円未満の範囲で融資を受けられます。ただし専業主婦やパートの場合は、30万円以内です。またインターネットから申し込む場合は、限度額が500万円となります。融資期間は10年以内で、年利は3.8%から14.0%です。こちらのローンプランでは、保証会社が株式会社オリエントコーポレーションとなります。インターネット上で仮審査を受けることができ、仮審査に通過してから本審査を受けると、審査落ちのリスクを防げます。尚、「フリーローンMORE」の場合、保証人は原則不要ですが、場合によっては保証人を求められることもあります。その点を除けば、比較的審査に通りやすいローンです。