アプラスでキャッシング可能?ブラックリストに入っているけどお金借りたい

アプラスでキャッシング可能?ブラックリストに入っているけどお金借りたい

 

金融関係でブラックリストに載ってしまうと、お金をキャッシングすることができないと言われています。そもそも、ブラックリストとは存在しているのでしょうか。実は、ブラックリストという名前のものが存在しているわけではなく、信用情報に借入の履歴などが掲載されてしまうのです。優良な人であればホワイト情報として扱われ、返済が滞ったり、自己破産や債務整理などをした人はブラック情報と呼ばれるので、通称ブラックなどと言われています。

 

ブラックになる人の多くが多重債務者であったり、自己破産や債務整理をしている状態であり、消費者金融やクレジット会社での借入は基本的にできなくなってしまいます。ただし、自己破産をしていたとしても、5年〜10年程度で情報が抹消されますので、その後は借入することができるようになるでしょう。

 

しかし、自己破産や債務整理を行った際に利用していた消費者金融やクレジット会社などでは共通信用情報以外にも独自の情報としてリスト化していますし、その保存期間は各会社によって違ってきますので、半永久的に借入することができないと考えられます。

 

では、ブラックの状態ならばどこからも借入することができないのでしょうか。基本的には信用情報に載っている段階では借入することができません。しかし、「ブラックでもOK」と看板を掲げている中小金融業者も実在しています。正規店でありながらも上限金利で貸付を行っていることもありますが、取り立てが執拗であったりと闇金レベルであることは間違いありません。また、甘い囁きや闇金である可能性が高い為、注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク

 

自己破産や債務整理の情報が消失した段階であったとしても、ホワイトな時間が多すぎると破産していた時期があるのではないかと逆に疑われてしまい、審査が通過できないという事態もあるようです。その為、まずは比較的審査が緩いと言われるクレジットカードを作ることから始めましょう。そして、このクレジットカードを利用して、延滞せずに返済をしていくということを繰り返し、利用実績を積み上げていくことが大切です。

 

また、キャッシング枠も少額ではありますが利用することもできるでしょう。これもしっかり返済することが大切です。このようなクレジットヒストリーを積み重ねていくことによって、他社のクレジットカードやカードローンに申込ができるようになります。

 

審査が緩く持ちやすいカードに、Tカード(クレジット機能付き)があります。TSUTAYAなどを利用したことがある人であれば身近かもしれません。Tカードを発行している発行元を選ぶこともできますが、その中でもアプラスがおすすめです。以前金融事故を起こしている会社を避けることがポイントです。年会費は初年度無料ですが、二年目以降は使用実績があればその後も無料になりますので、ブラック明けの状態に適しているカードを言えるでしょう。クレジットを利用することによって、Tポイントも貯まります。ただし、キャッシングをメインとしている場合には、Tポイントは付与されません。

 

ブラックでも借入ができる場所を探すのは簡単ではありません。一歩間違えるともっと酷い状況に陥ってしまうことがありますので、甘い囁きには乗らないようにしましょう。また、信用情報から情報が消えるまでの間は堅実に生きていくことが大切です。情報が消えた後でも、クレジットヒストリーがしっかりないと利用することができないことも多い為、まずは実績を積んでいくことが大切です。アプラスはローンを組む時などにも審査が通りやすいと口コミでも言われていますので、キャッシングを利用したい場合には一度問い合わせてみましょう。