商工組合中央金庫ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

商工組合中央金庫ブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ブラックお金借りる時の審査通過のコツは、在籍確認を必ず取れるようにしておくことです。

 

ブラックとは過去10年以内に、自己破産などの金融事故を起こした人を言いますが、金融機関は貸し倒れのリスクを避けるために、安定した収入のある人にだけ融資を行います。

 

そのため在籍確認なしに、お金を借りることはできません。

 

しかし前もって、電話に出やすい時間帯を告げておくことは可能です。

 

また電話に出た人が、今、席を外しているという返事をすれば、本人が電話口に出なくても在籍確認が取れたことになります。

 

その他、在籍確認後に転職した場合、勤務先の変更届けをしなければ、新しい職場に電話がかかってくることはありません。

 

尚、商工組合中央金庫は原則として、一般の個人ではなく、起業家や個人事業主、そして法人を対象に融資を行う公的機関です。

 

一般的なカードローンに比べて融資の上限も高く、金利も低い傾向にあります。

 

その代り、個人事業主が経営資金のためにお金を借りる場合は、今度の経営計画などを書面で説明する必要があります。

 

個人が不足している生活費を借りるというより、法人や事業主が、経営資金を補填するために融資を受けることが多いです。

 

その意味では、ビジネスローンに似ています。

 

また、商工組合中央金庫が融資を行うのは、主に商工中金の株主となっている中小企業です。

 

その他、株主団体の構成員の家族でも、お金を借りることが可能です。

 

さらに商工組合中央金庫では、一般的なローンの他に、国の施策と連携しているセーフティネットや創業支援なども行っています。

 

さらに10年以上前にブラックだった人の再生支援も行っており、そして地方公共団体の制度融資なども扱っているのが特徴です。

 

融資の期間は、運転資金10年以内、設備資金で15年以内です。

 

どちらも据え置き期間は2年と定められています。

 

他の銀行系カードローンに比べて期間が長いため、利用者に好評です。

 

また金利は、融資の期間によっても異なり、担保の有無によっても変わってきます。

 

一般的に、土地を担保にすると金利も低くなりますが、融資金額にもよっては担保がなくても借り入れは可能です。

 

経営者保証については、経営者保証に関するガイドラインに記載された内容を守って対応してくれるので、安心です。

 

基本的に、事業に関与されていない場合の保証は不要です。

 

融資の申し込みは、インターネットではなく、店舗の窓口で行うことになります。

 

本店でなく支店でも構いませんが、来店することが条件です。

 

経営資金の補充のための融資の場合は、提出書類も多いため、オンライン上で申し込みが完結することはありません。

 

そのため商工組合中央金庫でお金を借りたい場合は、時間に余裕をもって申し込む必要があります。

 

また、全国の店舗で受け付けてくれますが、所定の申込書はなく、個別の相談となります。

 

そして相談後に融資に関わる調査が行われ、その際、自社の会社案内や決算書類、そして商業登記簿謄本が必要です。

 

希望する融資金額によっては、事業計画書や補足資料も必要になります。

 

また金銭消費貸借契約証書は、完済後10年間は保管されますが、保管場所は情報セキュリティが確保されているため安心です。

 

注意点として、完済までに返済金の遅延があるとブラック情報として記載されますので、遅延しないことが大切です。

 

しかしブラック情報があっても、10年経過すれば、書面の情報は溶解処理され、電子データも削除されます。

 

不明な点は、営業担当者に気軽に聞くことができます。

 

その他の保管中の書類に関しても、完済後10年経てば責任をもって処分してくれます。

 

また保管中の費用などは不要です。

 

尚、大企業に比べて、個人事業主の場合は、融資を受けられる金融会社が少ないのも事実です。

 

自営業者の場合は審査のハードルも高く、金融会社によっては事業主には融資をしない場合もあります。

 

また個人のカードローンより、自営業者の借入額は大きいのが一般的です。

 

その点、商工組合中央金庫は、零細企業にも融資を行う確率が高い金融機関です。

 

低金利で、しかも融資額も大きいのが利点です。

 

また地域の住民に信頼されている地域定着型なので、地元の企業の経営状態をよく知っている人が担当になってくれます。

 

ただし連帯保証人が必要となるケースが多いので、経営に携わっている運営者以外に、保証人を1名準備するようにします。

 

また提出しなければならない書類が不安な場合は、経営に強い税理士に相談するという方法もあります。

 

小規模企業の融資に詳しい税理士であれば、経営面の相談にも乗ってくれます。

 

必要となる書類の中でも、事業計画書や納税証明書、確定申告書などは重要です。

 

さらに、仕入納品書や購入支払書を求められることもあります。

 

また、商工組合中央金庫の担当者は、お金を貸しても返済してもらえるかどうかを審査しますので、特に事業計画書は大切です。