大光銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

大光銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

大光銀行は新潟県内を中心に営業している地方銀行です。

 

低金利で、借入限度額が800万円まで利用することができるカードローン「LUXZO(ラグゾー)」を中心に取り扱っています。

 

実質年率は年3.8%〜14.0%で、100万円未満コースの場合は例えば20万円、30万円、50万円、90万円で年14.0%です。

 

100万円コースの場合は100万円、150万円で年11.5%になります。

 

200万円コースの場合は200万円、250万円で年9.0%、300万円コースの場合は年7.0%です。

 

 

400万円コースの場合は年5.8%で、500万円コースの場合は年4.8%になります。

 

600万円コースの場合は600万円、700万円、800万円で年3.8%です。

 

審査に申し込むことができるのは、申し込み時の年齢が満20歳以上〜満60歳未満で、安定収入のある人や、保証会社の保証を受けることが可能な人、大光銀行取扱店の営業エリア内に住んでいたり勤めている人になります。

 

貸付限度額は20万円〜800万円で、担保や保証人は不要です。

 

遅延利息は年14.0%で、返済方式は定額返済方式になります。

 

大光銀行のカードローン「LUXZO(ラグゾー)」の取扱店営業エリア内に住んでいたり勤め先がある人限定になり、対象者が限られる特徴があります。

 

個人事業主はもちろん、法人代表者の人も申し込むことができるので便利です。

 

契約金額が100万円以上の場合、所得証明書などの提出が必要で、手続きがやや煩わしいかもしれません。

 

大光銀行は新潟県を中心に店舗を展開していますが、県外では千葉県や埼玉県、東京都や神奈川県にも支店を構えてます。

 

但し、各店舗でカードローンの取扱いがないと、カードローンの申し込みを行うことが不可能です。

 

「LUXZO(ラグゾー)」は大光銀行と取引がない人でも申し込みすることができますが、住んでいるエリアや勤め先のエリアが限定されるので、申し込み対象は絞られてしまいます。

 

正式契約する場合は新規に口座開設する必要があります。

 

カードローン契約後、契約書が自宅に郵送されますが、封筒にはローン関連の記載はなく、カードローンの申し込み書類だとは周囲の人にはばれません。

 

ローンカードは本人限定の郵便として自宅に郵送されるので、契約者である本人以外は受け取ることができないので安心です。

 

大光銀行に預金口座を持っていない人は新規に口座開設を行わなければいけません。

 

カードローンの申し込みをした後、大光銀行から郵送される預金口座開設の申込書に必要事項を記載し、本人確認資料を添付して申し込むと来店する必要はありません。

 

カードローンを正式に契約した場合、大光銀行から送付される書類に必要事項を記載の上返送し、受理された後自宅へカードローンのカードが郵送されてくるというプロセスを経ます。

 

つまり即日融資を受けることができないので注意が必要です。

 

一般的にカードローンのカードは、1週間ぐらいした後自宅に到着します。

 

大光銀行はカードローン「LUXZO(ラグゾー)」を前面に出していますが、自営業の人も申し込みができる「たいこうカードローンEX」と言うフリーローンもあります。

 

このフリーローンは前年度の税込年収が180万円以上であることや、今住んでいる住所に1年以上居住していたり、カードローンの取扱営業店のエリア内に住んでいたり勤め先があることが条件になります。

 

自営業の場合今の職業で2年以上働いていたり、勤労者の場合今の勤務先で1年以上勤務しているなどが条件になり、「LUXZO(ラグゾー)」よりも審査のハードルが更に高くなるでしょう。

 

固定金利が年12.0%になるので、消費者金融と比べるとお得なフリーローンと言えるでしょう。

 

このフリーローンも大光銀行において預金口座を持っている必要があり、大光銀行での取引がある人は「LUXZO(ラグゾー)」と共に、「たいこうカードローンEX」のフリーローンを検討してみても良いでしょう。

 

二つのカードローンとも審査は厳しいと予想されます。

 

ブラックお金借りるに関して、ブラックリストに載ったことがあった人もなかった人も厳しい目で審査が行われます。

 

過去にブラックリストに載ったことがある人は正直に申請しておくと良いでしょう。

 

大事なのは現在の状況で、安定して継続した収入がある状況なら、審査にパスすることができる可能性があります。

 

申告しないで隠しておいても後でばれるので、信頼を失う可能性があるので注意しましょう。

 

在籍確認は必ず勤務先に行われることになっていて、原則的に仮審査の段階において保証会社から勤務先などに電話をかけ、本人が在籍していると分かれば在籍確認は終わります。

 

但し、仮審査から本審査まで2週間以上時間が空いてしまったり、銀行側でもう一度在籍確認を行うと判断されると、今度は銀行から在籍確認のための電話が入る場合もあります。