シティバンク銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

シティバンク銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

最近は銀行で積極的にカードローンを扱っています。

 

銀行が積極的にカードローンを扱うようになった理由の一つは、住宅ローンの金利が下がったからです。

 

お金を借りる側からすれば、金利が下がったことは非常にうれしいことですが、逆にお金を貸す側からすれば金利が下がってしまうともうけが出なくなってしまいます。

 

銀行としては、そのまま座して死を待つよりも、別の方法でお金もうけをするしかありません。

 

そこでカードローンを利用してお金を貸すことに力を入れるようになりました。

 

 

 

シティバンク銀行のカードローンは、ほかの銀行と同じようにいくつかの条件があります。

 

まず、未成年者はお金を借りることはできません。

 

もちろん、カードローン会社の中にはお金を貸してくれるようなところもありますが、通常銀行系であれば未成年にお金を貸すことはあまりないでしょう。

 

年齢も上限が定められています。

 

上限は明確ではありませんが、退職するぐらいの年齢が上限と考えられます。

 

お金を借りる時には、金利が気になるところですが、シティバンク銀行の金利は、15パーセントから18パーセントの間になります。

 

消費者金融などに比べると2パーセントから5パーセントほど金利が低くなっているのが特徴でしょう。

 

つまり、返済するときの負担が少なくなるため、返済しやすいと言えるでしょう。

 

借入限度額は300万円になります。

 

この限度額の間であればお金を借りることができますが、人それぞれ極度額と言われるものがあり、いくら限度額が300万円でも、極度額が低ければ300万円まで借りることができません。

 

極度額は、その人の年収や信頼によって変わってきます。

 

通常初めて借りる場合は10万円ぐらいが極度額になりますが、何度も借りるうちに、この人は信頼ができると銀行側で判断すれば、極度額をあげてくれます。

 

ただし、全員が必ず信頼されて300万円まで借りることができるわけではありません。

 

年収による制限もあります。

 

年収は、カード会社や消費者金融などのように総量規制は存在しません。

 

しかし、あまり多くの金額を貸してしまうと、結果的に返済できなかったとき不良債権になってしまい銀行が損することになります。

 

通常は、年収の半分が極度額とされています。

 

もし300万円借りたい場合には600万円の年収があることが必要になるでしょう。

 

ただし、厳密にはどれくらいまでが極度額と定められているかは企業秘密になっていますので明確化されることはまずないでしょう。

 

契約をする場合には、店頭でも行うことができますが、インターネットでも行うことができるため、自宅でも契約が可能になります。

 

そのため、家から出なくてもお金を借りることができる点は大きな魅力といえます。

 

ただし、カードを所有していなければ借りることができません。

 

カードローンであるのだから当然です。

 

カードを作っていない場合には、カードを作らなければならないため、その分時間がかかってしまうでしょう。

 

借り入れする時の条件としてブラックリストに名前が載っていないことが重要になります。

 

通常は、ブラックお金借りることはできませんので、事前にブラックリストに名前が載っていないことを確認しておきましょう。

 

どのような場合に、ブラックリストに名前が載ってしまうかといえば、過去にお金を借りておきながら、返済できなかった場合です。

 

もちろんこれはシティバンクでお金を借りた場合ではなく、それ以外の業者でお金を借りた場合に限ります。

 

過去、ほかの業者からお金を借りた場合でも、債務整理をしている場合には、ブラックリストに名前が載ってしまいます。

 

債務整理は、任意整理と個人再生の場合は、それぞれの返済が終了した後から5年間名前が載ります。

 

一方で、自己破産をした場合は、自己破産手続きが終了したときから7年間は名前が掲載されています。

 

つまり、そのあいだはお金を絶対に借りることはできませんので、常日ごろから、債務整理をしないように、計画的にお金を借りることが重要になるでしょう。

 

ブラックリストに載っているかどうかは、信用情報会社の情報を見ることで調べることが可能です。

 

日本には、三つの信用情報会社がありますが、それぞれの情報を他の金融機関も閲覧できます。

 

つまり、ブラックリストの情報に関しては、ほかの業者とも根っこの部分でつながっていることがわかるでしょう。

 

ちなみに、まだ返済が終わっていない段階で過払い金請求をしてしまった場合も、債務整理に該当します。

 

この場合にブラックリストに載る場合もありますが、状況によってはブラックリストに載らないこともあります。

 

基本的に、お金を返済できなかったわけではなく、自分が余分に支払ってしまったリスクを返還請求するだけですので、ブラックリストに載らない可能性も考えられるわけです。

 

ただし、シティバンクからお金を借りて過払い金請求をした場合は、それから先は絶対に借りることができないため注意が必要です。