大正銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

大正銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

大正銀行にはいくつかのローンに関する商品がありますが、最近特に力を入れているのはカードローンです。ローンの中でも住宅ローンは貸す金額が高いため、力を入れてきましたが、最近は金利が非常に安いために、あまり魅力がなくなってきています。もちろん借りる側からすれば都合の良いことかもしれませんが、銀行の立場を考えると、あまり魅力的とは言えません。そこで、比較的多くの人が利用してくれやすいカードローンに力を入れるようになったわけです。
大正銀行のカードローンを2種類あります。一つが大正ポケットカードローンでもう一つが大正ワイドアップカードローンになります。この二つの違いは、借入金額が違うことです。大正ポケットカードローンの方は、借入金額が非常に高くて500万円まで借り入れすることができます。これに対して、大正ワイドアップカードローンは最大で50万円までしか借り入れすることができません。多くの人にとっては、大正ワイドアップカードローンで十分ですが、一部の人にとってはそれだけでは足らず大正ポケットカードローンを利用することもあるでしょう。
金利は4.8パーセントから14.5パーセントになります。基本的に、少しの金を借りる場合はほかの銀行に比べると1パーセントから2パーセントほど金利が高くなる傾向があります。そのように考えるとあまりお得感がありません。ですが、500万円に近付くにつれ、金利が下がりますが、一番低い金利である4.8パーセントはほかの銀行と大して変わらないかほかの銀行よりも若干金利が低いため、たくさんお金を借りた方が有利になることがわかるでしょう。
お金を借りる時の条件は、満20歳以上で70歳まで借り入れができます。年齢の制限は、ほかの銀行に比べると大きいことがわかります。通常は65歳ぐらいまでしか借り入れができませんが、時代を考慮して70歳まで借り入れをすることができるようになっている点に特徴があります。
専業主婦でも借り入れできるのがポイントです。専業主婦は、収入がないため本来であれば借り入れは不可能になりますが、旦那の収入があれば問題ないと考えられています。結果的に、専業主婦でも借り入れすることは可能でしょう。
審査は、本人確認と信用事故がないことが重要です。本人確認は免許証などを提示すれば問題ありませんが、信用事故は、過去の借り入れにさかのぼりますので、もし過去の借り入れで知恵をしていたり債務整理をしている場合は借り入れすることができない可能性が出てきます。いわゆる、ブラックお金借りることができないような仕組みになっています。そもそも信用事故がある場合は、業者が持っているブラックリストに登録されています。
例えば過去に大正銀行でお金を借り、返済が大幅に遅れた人や債務整理をした人は借り入れするのは難しいです。その点の判断基準は銀行内部の人間しかわからず表ざたになっていませんが、おおむね債務整理をしている状態で次回借り入れができるかといえばやはり難しいです。なぜなら、お金に関しての信用がほとんどないからです。お金の信用は、会社で遅刻をしてくる人と同じになります。遅刻をしてくる人は何度でも遅刻をしてきます。また休み癖がある人は、何度でも休む傾向があるでしょう。そのような人に重要な仕事を任せることはできません。人間は、一度ついて習慣はなかなかなくすことはできないです。そのため、信用事故の場合であっても一度信頼を失った場合はしばらくの間借り入れすることができないと考えて間違いないです。基本的にブラックリストに登録されている人は借り入れができないのが基本です。ですが、この例外がないかといえば一つだけあります。それは、時間が経過している場合です。例えば、すでに債務整理の終了から5年間経過している場合は再び借り入れができる可能性があります。5年も経過していれば、何らかの反省をしており再び債務整理をする可能性や遅延をする可能性がないと考えられているからです。
ただし、債務整理の中でも自己破産の場合は7年間から10年間は借り入れすることができないと考えてよいでしょう。7年間から10年間は、自己破産が終了したとをスタート地点とします。つまり、一度自己破産をしてしまうと相当の時間借り入れができないことになりますので、安易に自己破産をするべきではありません。かといって、お金が返せない状態で自己破産もしないとすれば、かなり大変な状態になってしまいます。つまり、最初から無理のある借り入れはしないことが大事です。万が一ブラックリストに載ってしまった場合は、しばらくは借り入れができないものとしてしっかりとお金をためておくことです。
支払いが遅延した場合に関しては、一回のみではブラックリストに載ることはありませんが、3回続けて遅延した場合などはブラックリストに載ってしまう可能性が高いです。通常は、一回程度の払い込みを忘れることはあるかもしれませんが、3回も続けて遅延することがないからです。