イオン銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

イオン銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

イオン銀行カードローンは日本国内に居住しているか、外国籍の方でも永住許可を受けている方で満20歳以上、65歳未満の継続して安定収入を得ている方ならどなたでも申し込めるカードローンです。安定した収入に関しては申込者本人でなくても配偶者にあればよいので収入のない専業主婦でも申し込むことができます。
保証会社はイオンクレジットサービスとオリックスクレジット会社となり、本審査はこの2つのクレジット会社による同時審査を受けることになります。
借り入れるお金の使い道はフリーです。取引期間は申込んで契約を交わしてから1年間ごとの自動更新となっています。借入限度額は10万円から最高800万円までで、本人に収入が無く配偶者に収入がある専業主婦に関しては最高50万円までとなっています。利息は3.8%から13.8%と業界内でも低く設定されています。
イオン銀行カードローンは銀行なので消費者金融のように貸金業法で定められている、「借り入れは年収の3分の1まで」という総量規制の対象外なので借入の申込金額はその上限を超えて申し込むことはできますが、それでも個々の返済能力を審査したうえでイオン銀行の方が借入限度額を決定することになります。
さて審査には仮審査と本審査があります。仮審査は申込時に勤務先や年収など申請した内容が条件を満たしているかを自動的に審査をするのですが、本審査はそれらの申告内容の真偽を確認することや、申込者の返済能力を確認するために行われるものなので、本当に申告した勤務先で働いているのかを確認するため在籍確認も行われます。申告された勤務先に電話をし、たとえ席を外していても本人が在籍していることを確認できれば良いということになります。しかし「そんな人はいません」ということになると申告の内容虚偽ということで審査には通らずブラックになり、その情報は銀行、消費者金融、クレジット会社など金融会社共有の情報となってしまいます。他社複数件で借り入れをしている場合や、他社にも同時に申し込んでいる場合も「相当お金に困っている」ので返済能力もないとみなされます。また過去であっても借り入れをしているときに返済に延滞の経験があるなどの情報があるなどブラックとして業界内で情報があれば通ることができません。
このように他社であっても深刻虚偽があったり、複数件で借り入れをしていたり、延滞の経験があったりする場合なブラックリストに載ってしまい業界内で情報が公開されるためどの金融会社に申し込んでも審査に落ちてしまうことになります。
ブラックに記載されてしまうと数年間は消えません。消えるまでには消費者金融なら完済から5年、銀行なら10年歯必要です。消えるまで待ってから再度申し込み、申し込み時の虚偽の申告や他社との同時申込などをしないようにすればもうブラックではないので審査に通る確率も高くなります。
イオン銀行カードローンの場合も「ブラックでないこと」が審査の基準にあります。「5年以内に3カ月以上のローンやクレジットカード、携帯電話料金の支払いに関して延滞をしていないこと」「5年以内にローン、クレジットカード、携帯電話料金の強制解約措置を受けていないこと」「5年以内に任意整理や特定調停を行っていないこと」「5年から10年以内に個人再生や自己破産を行っていないこと」がそれらの基準です。これらの中で一つでも満たしていないものがあると審査に落ちることになります。
だから低金利で企業も有名なイオンの銀行カードローンは安心して借りることができるので人気があるのですが、ブラックお金借りることは100%不可能と言っても過言ではありません。ブラックとして条件に挙げられている年数を過ぎてしまえばもうブラックではないので通過する可能性も出てきます。イオン銀行のカードローンの場合はイオンクレジット会社とオリックスクレジット会社が同時に審査をし、どちらかが通過すれば審査に通過したことになるのですが、ブラックとして記載れている以上はそれも難しくなります。
ただブラックでも複数の他社から借り入れをしている場合のブラックに関しては、2,3件ほどでの借入でドコモきちんと返済しているなら問題なく審査に通過することもあります。他社2,3件の借入で今回イオン銀行から借り入れをすればもう返済できなくなるのではないかという見解にならない限り審査に落ちずに済むこともあります。またイオン銀行で個人の小口融資であるカードローン以外のローンをしていた経験があり、毎月きちんと返済をし、完済したという実績がある場合は審査に通りやすくなる可能性もあります。
イオン銀行のカードローンの審査はパートやアルバイトの人でも良いと謳っているもののパートやアルバイトで審査に通過する人は少なかったのですが、最近はその割合も多くなってきています。それでも初回の限度額はとても低く設定されているので、利用者の信用を得るまでは慎重に対応している銀行カードローンといえイオン銀行でブラックお金借りることは難しいのです。