新生銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

新生銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

お金が必要な場合には、気軽にお金を借りることができます。

 

 

昔のように、怪しい業者などは少なく、しっかりとした身元が確認できる業者であれば、お金を借りてもそれほど怖い思いをすることはないでしょう。

 

もちろん返済することができなければ、自宅に電話がかかってきたり、取り立てをする業者の人が自宅にやってきますので、その点は注意をしなければなりません。

 

新生銀行の場合は、しっかりとした銀行になりますので、いい加減なお金の取り扱いをしていません。

 

 

借りたあとから、急に金利が上昇したり、返済期限が非常に短い期間だったりすることはありませんので、信頼してよいでしょう。

 

新生銀行のカードローンの特徴は30日間無利息で借りることができる点です。

 

これは、いわゆる無料お試し期間と同じになります。

 

30日間だけお金を借りてその期間内に返済をすれば、一切利息を払わずに済みます。

 

つまり、10万円を借りた場合には、30日以内であれば10万円を返済すればよいため、非常に負担が小さくなります。

 

ただし、30日を過ぎてしまうと利息が発生しますので注意しなければなりません。

 

このとき発生する利息は、通常お金を貸した時と同じだけの利息です。

 

新生銀行のカードローンの利息は、低く定められていますので、仮に30日を過ぎてしまった場合、負担が大きすぎて返済できないといったことはないでしょう。

 

もし、それで返済できないのであれば、お金の管理の仕方に問題がある可能性が高いです。

 

この時には、いつから30日間が始まるかを気にしておかなければなりません。

 

借り入れをした日から30日間ではなく、契約をした日から30日間です。

 

契約をした日よりも借り入れをした日が後になる場合でも、借り入れをした日が基準になることに注意をしましょう。

 

この30日間だけ無利息になるのは初回だけです。

 

毎回30日間無利息で借りることができると考えている人もいますが、最初の一回だけであることを忘れないようにしましょう。

 

お金を借りることができる人は、収入がある人に限られます。

 

ただし、正社員でなくても問題なく借りることが可能です。

 

アルバイトをしている人や、パートしている人でも、安定した収入があることを条件に理由ができることになります。

 

また、専業主婦が借り入れすることができるか問題になりますが、専業主婦であっても借り入れすることは特に難しくないでしょう。

 

普通に考えでは、専業主婦が収入を得ていません。

 

そうだとすれば、専業主婦がお金を借りることはできないことになりますが、旦那さんの方で安定した収入があれば専業主婦であってもお金を借りることができます。

 

夫婦の財布は一緒と考えられますので、専業主婦だからといってあきらめないようにしましょう。

 

もちろん、旦那さんにしっかりと許可を得て借りる必要もあります。

 

お金を借りる時の条件の中で重要なことは、ブラックリストに名前が載っていないことでしょう。

 

ブラックリストはだれでも載るわけではなく、一定の条件を満たした人のみ名前が載ってしまいます。

 

例えば、ほかの銀行でお金を借りて、期限までに対応していない場合には、ブラックリストに載ることになります。

 

ブラックリストに載るための条件は、債務整理をしていることです。

 

例えば、お金を返済できず、結果的に個人再生をしている場合や、自己破産をした場合には債務整理をしたことになりますので、ブラックリストに名前が掲載されます。

 

ブラックお金借りることは通常できませんので、ブラックリストから名前が除外されるまで待つしかありません。

 

どのようにしたら、名前が消えるかといえば、一定の期限が経過したときです。

 

債務整理の中でも、比較的軽い任意整理を行っている場合は、任意整理が終了してから5年間経過すると、ブラックリストから名前が消されます。

 

次に、個人再生の場合も同様で、5年間で名前が消えることになります。

 

これに対して自己破産の場合は、完全に債務を返済することなく生活していますので、債権者にとっては、2度と貸したい相手ではありません。

 

自己破産が終ったときから7年間経過しないと、ブラックリストから名前が消えることはないでしょう。

 

過去に債務整理をしたけども、お金を借りることができるか心配な人は終了したときから5年ないしは7年経過しているか確認しておきましょう。

 

このとき注意をしておきたいのは、ぴったり5年間あるいはぴったり7年間では名前が消えていない可能性があります。

 

もし、ぴったり5年間経過したから大丈夫だと思い、カードローンの申込用紙をとすれば、ブラックリストにまだ名前が掲載されている可能性があり、その時にはお金を借りることはできません。

 

しかも一度借りることができなければ、数か月は借りることができない可能性があるため、5年ないしは7年から半年経過したぐらいに審査に通してみましょう。

 

その時に、お金を借りるかもしれません。

 

このように、ブラックリストになっている人はまずお金を借りることはできないと考えましょう。