東京スター銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

東京スター銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

東京スター銀行のカードローン、スターカードローンは、金利が年1.8〜14.6%、利用限度額が10〜1,000万円となっています。

 

このスペックを見ると、金利の低さと限度額の高さが目を引きます。

 

最低金利が1.8%なので、多額にお金を借りた場合には負担がかなり楽です。

 

そのスターカードローンの申込条件をまず見てみましょう。

 

年齢は、申込時、満20歳以上65歳未満であることとなっています。

 

 

定期的な収入があることが必須条件となっていますが、その条件さえ満たせば、パートやアルバイト、派遣社員、年金生活者、学生でも利用できます。

 

保証会社、新生フィナンシャル株式会社の保証を受ける必要がありますが、保証を受けられれば、担保・保証人は要りません。

 

使途は、事業性資金以外なら自由になっています。

 

申込から借り入れまでの流れがどうなっているのかを確認してみましょう。

 

申込は、電話かインターネットで行います。

スポンサードリンク

次に仮審査に入りますが、その過程で在籍確認が行われます。

 

在籍確認の電話は、銀行名ではなく個人名で行くので、特に心配する必要はありません。

 

その後、仮審査結果が通知されます。

 

仮審査に通過していれば、本審査に入りますが、本審査の手続きを行うためにはスターワン口座を開設しなければなりません。

 

パソコンやスマートフォンで口座開設ができますが、最短5営業日必要です。

 

本審査を経て契約となるのですが、契約方法はWEB契約と郵送契約の2種類あります。

 

時間を考えれば、WEB契約のほうがいいでしょう。

 

郵送契約では、書類のやり取りにかなりの時間を要します。

 

契約が済めば、ローンカードとローンカード用暗証番号案内はがきが郵送されるので、東京スター銀行や提携金融機関のATMで借り入れができるようになります。

 

なお、WEB契約の場合は、同時融資が可能です。

 

同時融資とは、契約手続きが済んだ時点でスターワン口座にお金を振り込んでもらうことを言います。

 

上限は10万円で、1回のみ有効です。

 

この一連の流れの中で、ポイントとなってくるのは審査です。

 

審査に通って初めて融資を受けられますが、東京スター銀行の場合は審査基準がどうなっているのかについて解説してみましょう。

 

合わせて、審査通過のコツをお教えします。

 

まず審査基準についていうと、内容は公表されていませんが、銀行系のカードローンなので、やや厳しめであることが予想されます。

 

特に低金利で融資を行うので、余計に丁寧に審査をするようです。

 

一部消費者金融などでは審査が甘いところもありますが、東京スター銀行の場合はそういうわけにはいきません。

 

審査のポイントは返済能力の大きさです。

 

職業、職種、勤め先、勤続年数、年収など審査項目は多岐に及びますが、特に見られるのが勤続年数でしょう。

 

雇用形態については、東京スター銀行の場合それほど厳しい条件を設定していないので、どのような職種にしろできるだけ長く勤めていたほうが審査上有利になります。

 

もちろん、年収なども注視しているでしょうが、年収が少なければ融資限度額が下がっていくだけで、必ずしも借り入れが全くできないということにはなりません。

 

それから、他社借入件数や借入額も大きな問題です。

 

スターカードローンには総量規制が適用されないので、他社借入件数が多く、借入額が多額に及んでも、理論上は利用できますが、実際にはあまり多くの金融機関のローンを利用していたのでは、融資を断られることになります。

 

せいぜい2〜3社くらいからの借り入れが限度でしょう。

 

これらの情報はスコアリングという点数化が行われ、東京スター銀行が定める点数以上でないと、カードローンの利用が許可されません。

 

したがって、自分でも改善できる点は改善しておくことが審査通過のコツとなります。

 

次のポイントは信用情報です。

 

信用情報とは、ローンやクレジットカードの利用状況、借入額、返済情報、金融事故情報などです。

 

これらの情報は信用情報機関に登録されています。

 

先ほど書いた他社借入件数と借入額については、申込時に申告することになっていますが、信用情報機関に照合すればすぐに金融機関側でも把握ができるようになっています。

 

もし虚偽の申告でもしようものなら、たちどころにばれてしまいますから、無駄なことはしないことです。

 

無駄であるばかりか、信用度が完全になくなり、審査落ちは必定です。

 

また、同時に多数のカードローンを申込むと、審査に通りにくくなりますから、しばらくの間は1社に絞ったほうが審査にプラスになります。

 

それから、金融事故情報とは、返済の延滞、強制解約、代位弁済、債務整理などのことですが、これらの情報が信用情報機関に登録されることをよくブラックリストに載ると言います。

 

ブラックリストに載ると、新たなカードローンやクレジットカードは利用できなくなります。

 

「ブラックお金借りる」と称して、融資を行っている消費者金融もありますが、東京スター銀行のカードローンの場合は無理です。

 

だから、スターカードローンを利用しようと思ったら、ブラックリストに載らないように努力することが大切で、それが審査通過のコツでもあります。

スポンサードリンク