ソニー銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ソニー銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

ソニー銀行では、さまざまな商品が用意されていますが、その中でもカードローンは人気のある商品の一つになります。人気がある理由は、低金利を実現することができている点です。金利は、2.5パーセントから13.8パーセントの間になります。これは、カード会社のカードローンや消費者金融のカードローンに比べると、5パーセントから15パーセントほど低く設定されています。また、他の銀行と比較しても、2パーセントから5パーセントぐらいは低く設定されています。
借り入れ限度額は800万円です。この限度額は、銀行の中でも高い方です。ここからわかることは、ソニー銀行でお金を借り入れする場合は、たくさんの金額を借り入れした方が金利が他の銀行よりも低く設定されるため、メリットがあるでしょう。借り入れ額が多いほど、金利が低くなり、他の銀行では実現出来ないほどの金利で借り入れが可能だからです。
ただし、だれもが限度額である800万円まで借り入れが可能ではありません。借り入れは、借り入れを希望している人の収入によって変わってきます。ソニー銀行の場合は発表されていませんが、実際に借り入れに成功した人達のデータから判断すると、年収の半分ぐらいであれば借り入れは可能になります。もし、800万円借り入れをする場合には、年収が1600万円ほど必要になります。この点、年収の3分の1までしか借り入れが出来ない総量規制が適用されるのではないかといった意見もありますが、ソニー銀行の場合は総量規制の対象外になります。なぜなら、総量規制が記載されている貸金業法は、銀行には適用されないからです。銀行は、銀行法に従っています。
お金を借り入れする場合でも、条件がありますが、ブラックリストに掲載されている場合は、基本的にお金を借りることができないと考えて良いでしょう。つまり、ブラックお金借りる場合は、ブラック以外の人に比べると制限が大きくなります。ブラックリストとは実際にそのようなリストがあるわけでなく、信用情報会社に掲載される名前のことをいいます。信用情報会社は日本に3社ありますが、そのいずれかに名前が掲載されると、ブラックリストに掲載されたといった表現をします。他の銀行や消費者金融からお金をかり、一度ブラックリストに掲載されてしまうと、任意整理と個人再生ならば、返済完了してからおよそ5年間は名前が消える事はありません。一方で、自己破産の場合は、手続きが満了してからおよそ7年間は消えることがありません。そのように考えると、先々のことを考えて債務整理をしないことが重要になるでしょう。債務整理をしないように、可能な限り返済できる金額のお金を借りるようにしましょう。
ですが、すでに債務整理手続きをしてしまった場合は仕方ありません。この場合は、債務整理手続きが終わった時から5年間あるいは7年間経過するまで待つ必要はあるでしょう。このブラックリストの情報は、金融機関なら見ることができますが、それ以外の人は閲覧することができない情報になります。つまり、ぴったり5年間やぴったり7年間で情報が消えるかどうかを確認できるわけではありません。通常は、5年間ないしは7年間ぴったりで名前が消えるわけではなく、さらに数ヶ月経過してからでないと名前が消えない可能性が高いです。そうだとすれば、少し余裕を持ってお金を借りるようにしましょう。もし、もう大丈夫だろうと思い審査を申し込んで、いまだブラックリストに名前が掲載されているとすれば、借り入れができなくなります。しかも、一度借り入れができないと、次に借り入れを申し込む半年後位になってしまいます。つまり、審査に通らなかった人は、半年間ぐらいは借り入れをすることができないため、借り入れをする機会を逃してしまうことになるので注意が必要です。
過払金請求をした場合にブラックリストに掲載されるかが問題になりますが、掲載されない可能性もあります。過払金請求をした場合、債務整理扱いになるのは、まだ全額返済していないうちに過払金請求をした場合です。この場合は、債務整理には該当しますが、最終的に期限までお金を全て返済していれば、ブラックリストに載る事はないとされています。もちろん、途中で返済できなければ、ブラックリストに名前が載ってしまうでしょう。この場合は全て完済してから5年間は借り入れをすることができないと考えて良いです。ただ、いずれの場合でも、過去にソニー銀行から借りて、債務整理をした場合は、いつまでも借り入れができないでしょう。
もし、他の業者等で踏み倒しをしてしまった場合があれば、お金を借りることはできませんが、基本的に期間限定で借りることができないのではなく、一生借りることができないと考えて良いでしょう。債務整理の場合は、お金の返済時期が遅れたり、返済する額が満額でないだけですが、踏み倒してをした場合には、ほぼ全額返済されていない可能性が高いからです。また、大きく信頼を損ねているからです。