鹿児島銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

鹿児島銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

鹿児島銀行は鹿児島県鹿児島市に本店がある地方銀行です。

 

県外にも宮崎県や福岡県、熊本県、東京都、大阪府に支店があります。

 

鹿児島銀行カードローンには2種類あり、それぞれに異なる特徴があります。

 

かぎんカードローンは金利が年4.5%から14.5%で融資限度額は500万円です。

 

申し込みを行うには満20歳以上満65歳以下であることが必要となります。

 

 

 

また審査には1週間から2週間かかるため即日融資はできません。

 

融資が実行されるまでの期間は基本的に1か月ほどです。

 

かぎんカードローンを利用するためには鹿児島銀行の口座を開設する必要があります。

 

かぎんカードローンSは金利が1.9%から14.5%で、融資限度額は1000万円です。

 

申し込みを行うには20歳以上69歳未満であることが求められます。

 

審査は最短即時で完了します。

 

鹿児島銀行の口座を保有していれば即日融資も可能です。

 

他行への振込の場合には最短翌日融資となります。

 

かぎんカードローンSは鹿児島銀行の口座を開設せずに申し込むことができます。

 

かぎんカードローンもかぎんカードローンSも保証会社からの保証を受ける必要があります。

 

保証会社を務めるのは消費者金融業者のSMBCコンシューマーファイナンスです。

 

SMBCコンシューマーファイナンスは自らもカードローン事業を展開していますが、ノウハウを活かして鹿児島銀行カードローンの保証会社も務めています。

 

鹿児島銀行カードローンの審査では銀行自身の審査に加えて保証会社の審査も受ける必要があります。

 

カードローンには銀行系と消費者金融系、信販会社系があります。

 

銀行系以外は貸金業法が適用されるため総量規制の対象とされます。

 

総量規制の対象になると年収の3分の1を超える融資ができなくなります。

 

鹿児島銀行カードローンは銀行系カードローンなので総量規制の対象外です。

 

融資額が年収によって制限されることはありません。

 

そのため収入のない専業主婦でも配偶者に安定継続した収入があれば融資を受けることができます。

 

一般的にカードローンの金利は年2%から18%に設定されています。

 

中でも銀行系のカードローンは金利が低めに設定される傾向があります。

 

鹿児島銀行の2つのカードローンはいずれも最高金利が14.5%と低めです。

 

またかぎんカードローンSの場合には最低金利も1.9%とかなり低く設定されています。

 

かぎんカードローンSは金利が低いだけでなく融資限度額も1000万円と高額です。

 

カードローンの審査は金利が低く融資限度額が大きいほど厳格に行われるようになります。

 

鹿児島銀行カードローンは銀行系カードローンに該当するため厳格な審査が行われますが、安定継続した収入があればパートやアルバイトでも融資を受ることが可能です。

 

一方で学生の場合には利用できないので注意が必要です。

 

鹿児島銀行カードローンでは必ず電話で在籍確認が行われます。

 

収入証明書類などを提出して電話連絡を回避することはできません。

 

またローンカードは基本的に郵送で送られてきます。

 

店舗へ赴いて手続を行う場合にはその場でローンカードを受け取ることができます。

 

ローンカードが郵送されると家族に知られる可能性もあるので、知られたくない場合には店舗を訪れて手続を行うのが合理的です。

 

多額の債務を抱えて返済が困難な場合には債務整理が行われることがあります。

 

債務整理には任意整理と特定調停、民事再生、自己破産があり、いずれの手続を行った場合にも事故情報が信用情報機関に登録されます。

 

また債務整理を行った場合だけでなく、債務の返済を長期間延滞した場合などにも事故情報が登録されることになります。

 

信用情報機関に事故情報が登録されることを一般的にブラックリストに載ると表現されます。

 

鹿児島銀行カードローンは審査が厳格な銀行系カードローンなのでブラックお金借りることはできません。

 

中小の消費者金融業者や生活福祉資金、母子福祉資金のような公的機関が行っている制度などを利用すればブラックお金借りることも可能です。

 

基本的にブラックリストに事故情報が登録された場合には鹿児島銀行カードローンを利用できません。

 

債務整理には任意整理と特定調停、民事再生、自己破産があり、それぞれ債務の減額や免除を受けることができます。

 

債務整理の手続を行うためには正確な債務額を計算する必要があります。

 

そのため債務整理の手続の最中に利息制限法の利率を超える利息を支払っていたことが判明する場合も存在します。

 

過払い金は返還請求が可能ですが、完済前に請求すると基本的に任意整理として扱われます。

 

任意整理とは債権者と債務者が私的な協議を行い債務を減額する手続です。

 

それ以外の手続を行う場合にも同時に過払い金返還請求を行うことができます。

 

完済前の過払い金返還請求は債務整理に該当するので事故情報として信用情報機関に登録されます。

 

そのため基本的にブラックお金借りることができません。

 

しかし返還された過払い金で債務を完済できれば、事故情報は抹消され鹿児島銀行カードローンを利用できるようになります。