長崎銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

長崎銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

長崎銀行カードローンは、「プレミアA」「マイ・ファースト」「V-CLASS」の3種類です。いずれの商品も銀行カードローンならではの低金利となっています。長崎銀行ではカードローンのほかに、フリーローン、マイカーローン、教育ローン、住宅ローンなども用意されています。カードローンにこだわらず、自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

 

ブラックお金借りる審査通過のコツは、総合的に信用を獲得するということにあります。ブラックの人はかなり致命的なマイナスポイントを抱えているので、よほどプラスとなる要素がなければ審査に通過することは難しいでしょう。銀行カードローンではブラックの人はその時点で即審査落ちするということもあるようです。

 

長崎銀行カードローンはどうかというと、ブラックの人が即審査落ちするかどうかは公式ホームページに記載がないのでわかりません。しかし、ブラックの人ではかなり厳しいということは確かでしょう。特別な事情でもない限りは、ブラックの人が審査に通ることはないと思われますので、ブラックの状態が解消されてから申込みをしましょう。

 

長期延滞が原因の人は、借金を完済してからおよそ5年が経過するとブラックリストから解除されています。ブラックリストにのったタイミングではなく、借金を完済した日の翌日からおよそ5年であるという点に注意をしておきましょう。借金を完済できなければずっとブラックのままです。

 

借金をいつまでも完済できなければ、信用情報にずっと延滞の記録が残り続けることになります。現在進行形で延滞をしている人というのは、過去に何回か延滞をしてしまった人よりも信用がありません。借金を返済できないというときだけでなく、完済まで時間がかかりそうだというときにも任意整理などを検討してみましょう。

 

任意整理をすれば利息と遅延損害金が全額カットできるので、返済の負担はかなり減らせるはずです。任意整理をすることのメリットはそれだけではありません。任意整理をしたときにもブラックリストにのりますが、示談が成立してからおよそ5年でブラックリストからは解除されます。よく誤解がされていますが、任意整理をした後の借金を完済してから5年というのではありません。示談が成立してから5年が経過していればブラックからは解除されるので、借金を完済できていなくてもクレジットカードなどの審査に通るようになることはあります。

 

債務整理にはそのほか特定調停、個人再生、自己破産といった手段もあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った方法を選びましょう。特定調停はあまりサイトなどでは紹介されていませんが、任意整理と同じで利息と遅延損害金を全額カットでき、さらに弁護士を雇わないのでコストを節約できるというメリットがあります。自分でインターネットなどを利用して調べてみましょう。

 

例外的に、ブラックリストにのっていても審査に通るケースとしては、本人の信用がそれほどさらがらいような特別な事情があった場合になります。例えば、大企業の正社員として安定した収入を得ているが、友人の借金を押し付けられてしまって自己破産をすることになったというケースなどです。逆に言えば、こういった特別な事情がなければ審査に通ることは難しいということでもあります。また、友人の連帯保証人になってしまったことには本人にも責任があるので、やはりマイナスポイントとなることには変わりがありません。最終的には銀行が判断をする問題です。地方銀行の場合には相談にのってくれる可能性がメガバンクやネットバンクなどに比べると高いでしょう。

 

長崎銀行カードローンでは在籍確認がなしという噂があります。公式ホームページには在籍確認の有無については明記がされていませんが、おそらくは在籍確認は必ず行われるものと思われます。カードローンは無担保・無保証で借りられるものなので、本人が働いていて収入を得ているということが重要になるからです。

 

在籍確認では長崎銀行の名前が出されますが、信用のある金融機関なので心配はいりません。長崎銀行はさまざまなサービスを提供しているので、長崎銀行からあなたあての電話がかかってきたところで、カードローンを利用しているということがバレる心配はありません。本人が在籍しているということが確認できたらそれ以上はプライベートなことを聞かれることもなく、電話がきられます。

 

長崎銀行カードローンでは、在籍確認をされるのは本審査の最後のほうとなるようです。年収や勤続年数、個人信用情報などが基準をクリアしていない場合には在籍確認をされるまでもなく審査落ちします。ブラックの人は在籍確認をされるまでもなく審査落ちの連絡がきてしまう可能性も高いでしょう。しかし、個人信用情報を閲覧されたという記録は残るので、ダメ元でたくさんの金融機関に申込みをするということはおすすめができません。なるべく、ブラックリストから解除されてから申込みをしましょう。