北日本銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

北日本銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

お金はしっかりと管理をして、支出をコントロールする必要がありますが、急な出費などが重なりピンチになってしまうこともあるでしょう。そんな場合には、消費者金融などのカードローンを使用して、その場をしのぐという方は多いのではないでしょうか。
カードを作るためには、審査をクリアする必要がありますが、その審査内容や厳しさは、金融機関によって異なるといわれています。たとえば、北日本銀行カードローンに申し込みをした場合、どの程度の基準で、合否が判断されるのでしょうか。
北日本銀行のカードローンは金利が低く、利用者にとって利便性が高いことで知られています。たとえば、いちいち来店をしなくても、WEB上から申し込みができたり、口座を作っていない人でも、カードを発行することが可能です。
審査をクリアするための条件として、申込時の年齢が満20歳以上であること、一定の収入を得ていることなどが、挙げられます。必ずしも会社勤めである必要はなく、パートやアルバイトをしている方、年金を受給している方も、申し込みが可能です。
しかし、年齢が20歳以上であり、一定以上の収入を得ている状態であっても、確実に審査を通過できる、というわけではありません。一般的に、低金利なカードローンの審査は厳しいといわれており、条件によっては、クリアするのが難しい場合もあるでしょう。
どのような条件によって審査の可否が決定するのか、その具体的な内容については、公表されていません。一般的な審査の傾向として、まず重視されるのは、借りた金額をしっかりと返済できるかどうか、という点でしょう。銀行や消費者金融は、貸したお金の利子を受けとることで利益を得ていますから、返済が滞っていたり、収入が不安定だという場合、カードを発行してくれません。
過去にその他の金融機関でお金を借りたことがあり、返済にトラブルが生じた履歴があると、審査を通過することはより難しくなります。過去にお金を借りた履歴は、個人信用情報として保存されており、カードローンの申し込みを受けた金融機関は、その内容を確認して、審査の可否を決定します。返済が延滞してしまったり、あるいは支払いをしないままになっているなど、いわゆるブラックな利用履歴が残っていると、審査上かなり不利になってしまうでしょう。
ブラックな履歴が残っているという場合、返済能力が低く評価されることになり、審査が通過できない可能性が高まります。どの程度過去の利用履歴を重視するかは、金融機関によって差がありますが、銀行系のカードは、一般的に審査が厳しい傾向だといわれています。このため、個人信用情報に大きな問題があると、北日本銀行のカードローン審査に通ることは、難しいといえるでしょう。
ただし、個人信用情報は永遠に保存されるものではなく、一定期間以上経過すると、消去される仕組みとなっています。このため、過去に延滞などの履歴があったとしても、必ずしも現時点でブラック状態になっているとは、限らないのです。個人信用情報が保存される期間は、その内容や保存される機関によって異なりますが、通常延滞などのトラブルであれば、5年程度情報が保管されるといわれています。
ブラックお金借りることを考えた時、まず本当に自分が、金融機関からブラックと判断されているのかどうかを、見直してみると良いかもしれません。過去に返済が滞ったことがあるが、もう何年も経過している、という状態であれば、個人信用情報が消去されており、カードローン審査にも影響しないことが、考えられるのです。
過去の延滞からあまり期間が経過しておらず、確実に個人信用情報が残っているという場合には、やはり審査に通りづらくなります。ブラック状態かもしれないが、カードを作りたいという場合には、どうすれば良いでしょうか。
審査の厳しさは金融機関によって違いますから、なるべく審査がゆるいところを選んで申し込みをする、というのも一つの手です。一般的には、北日本銀行など銀行系のカードローンよりも、消費者金融の方が、審査が優しいとされています。
どの金融機関に申し込みをする場合でも、申込書の記載にミスがあったり、記入漏れがあると、審査に通ることはできません。少しでも審査を通過しやすくするためには、正確な情報を、しっかりと記載して提出する必要があります。また、多くの金融機関では、通常カードローンの審査において、電話での在籍確認を行っています。ただし、消費者金融などによっては、電話での在籍確認を行なう代わりに、指定の書類を提出する、ということも可能なようです。北日本銀行カードローンの場合、電話での在籍確認が必須だといわれており、書類等によって代用する、ということはできません。
在籍確認が気になる、という方は、書類によって代用が可能な金融機関を選んでから、カードローンの申し込みをすると良いでしょう。