無職でも審査の甘い金融機関でも即日融資できる?

審査の甘い金融機関でも即日融資できる?

審査の甘い金融機関でも即日融資できるのでしょうか?

 

一般的に、モビットやプロミスなどの大手消費者金融では、審査が厳しいといわれています。

 

その点、ハローハッピーならば審査が甘い金融機関ということで有名です。

 

もし、審査の甘い金融機関でお金を借りたいなら、一度ハローハッピーフリーローンに相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

詳細はこちらをご覧下さい。

 

→ ハローハッピー審査甘い

 

 

スポンサードリンク

 

無職でも借りられる消費者金融ある?

 

キャッシングとは、カードローンと並んで

 

多目的ローンを代表するローン商品の

 

一種です。非常に有名ですので、

 

誰でも聞いたことくらいはあるでしょう。

 

その一連の申し込み手続きは、

 

マイホームローンやマイカーローンなどの

 

目的別ローンよりも簡単ですし、

 

審査の難易度もずっと低くなっていると言えます。

 

 

 

その代わり多目的ローンよりも金利が高く設定されていて、しかも融資枠も小さめに抑えられています。

 

しかし、それでもお金を借りるためのハードルはかなり低いと言えますので、その人気は非常に高く、利用者も日本中に大勢いるのです。

 

ただし、そのように簡単に借り入れができるカードローンやキャッシングでも、それでも審査に通らない可能性はあります。

 

また、たとえ審査には通っても、満足できる融資枠を与えてもらえないことも少なくはありません。

 

ですから実際に利用しようと思ったら、その点には注意が必要です。

 

 

しかし一般的に考えると、自立した一人前の社会人で人並みの経済力と信用力があるのなら、他に特に問題でもない限りは審査には普通に通ると考えて間違いないでしょう。それが多目的ローンというものなのです。

 

ところで、そんなキャッシングにおいては無職の人でも利用することは可能なのでしょうか。

 

普通に考えると働いていなければ収入もないはずですので、そんな人ではローン商品の利用は難しいと考えられます。

 

実際に色々なカードローンやキャッシングの貸し付け条件などを読んでみると、「無職で無収入の人では申し込めません」というような意味のことが書かれています。

 

ですから、無職でも利用できる無職キャッシングなどという商品は、探しても見付からないのではないかと予想されます。

 

 

しかし、もしも無職ではあったとしても不労所得などの何らかの収入があるのなら、その場合には審査に通る可能性は少しはあるのではないかと考えられます。

 

たとえば大学生向けのローン商品の場合、ローン会社によっては働いていない学生でも実家からの定期的な収入があれば審査に通ることもあると言われています。

 

それに全く働いていない専業主婦の場合でも、自宅の一部を貸し出すなどして毎月の家賃収入などがあるのなら、貸金業者によってはキャッシングの審査に通る可能性もあるとされています。

 

とにかくカードローンやキャッシングの審査においては、無職であることは大きなマイナス・ポイントとなってしまうことは間違いありません。

 

しかし無職でも何らかの収入があれば、審査に通る可能性はゼロではなくなるということは言えるでしょう。

 

ちなみに無名の小さな貸金業者や個人経営の街金などを物色していると、時々、「他社で貸してもらえない無職の人にも融資できます」とか、「無収入の人でも我が社の審査なら通ります」などという衝撃的なキャッチフレーズの胡散臭い広告チラシなどを見かけることがあります。

 

もしもそうしたキャッチフレーズが本当ならば、夢のような無職キャッシングは、夢ではなくて現実に存在していることになります。

 

ただし、そのような無職キャッシングはヤミ金である疑いが濃厚です。

 

 

もしも本当にヤミ金ならば、そのような借り入れでは金融機関からお金を借りることにはなりません。

 

そんな方法でお金を手に入れても、それは犯罪者に騙されて危険なお金を掴まされただけのことです。

 

そのお金には違法な高金利が仕掛けられているに決まっていますので、絶対に手を出してはいけません。

 

もしも迂闊に手を出してしまえば、間違いなく犯罪被害者となってしまいますので気を付けましょう。

 

とにかく常識外れな広告には、危険な甘い罠があると考えて間違いありません。少しでも「何かおかしいな」と感じたら、何もせずにそのまま素通りするのが賢明です。

 

 

もしも間違ってヤミ金からお金を借りてしまったら、その時には法律の専門家である弁護士などに速やかに相談すべきです。

 

決して「自分だけで何とかして解決しよう」などと考えてはいけません。

 

何しろ相手は悪知恵の働く犯罪者なのです。素人が単独で立ち向かっていっても勝てる相手ではありません。

 

それどころか返り討ちに遭ってしまい、更にもっと酷い目に遭ってしまう危険があります。

 

ですから弁護士に相談するか、あるいは暴力や脅迫のような犯罪行為があるのなら、迷わずに最寄りの警察署へ駆け込みましょう。

 

そうすれば、一人で頭を抱えて苦しんでいるよりは遙かにマシな展開になるはずです。

 

 

それから中小零細の貸金業者の中には、少数ですが、健全な業者と悪辣なヤミ金の中間のような白黒ハッキリしないグレーゾーンのような業者もいます。

 

その場合も、まずは信頼するより警戒して、違法性を疑うべきです。それが無難な対応です。

 

確かに死ぬほどお金に困っていると、多少グレーだと感じてもお金を借りたい気持ちが強くなってしまうものです。

 

しかし、可能な限りは安心して利用できる健全な業者であることを確認してから利用すべきです。

 

それが貸金業者との付き合いの基本中の基本なのです。