福島銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

福島銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

福島県に本店を置いている福島銀行では、カードローンを扱っています。カードローンの種類はいくつかありますが、フリーライフを見てみると、金利が4.8パーセントから14.6パーセントです。借入金額は、最大で400万円になっています。借り入れる金額は、100万円ごとに金利の設定は変わってきます。例えば100万円をこれを借りる場合は、金利が14.6パーセントですが、300万円借りる場合は金利が4.8パーセントになります。金利自体は、平均的ですので、返済しやすいと言えるでしょう。
借り入れする時の条件ですが、まず福島銀行の本店や支店の内に住所を置いているかあるいは勤めている会社がそのエリアの中にある必要があります。次に、年齢制限が満20歳から68歳未満の人であることが必要です。
収入に関する制限は、特に明確ではありませんが、収入が高い方が借り入れできる金額が多くなります。つまり、正社員であっても正社員でなくても借り入れすることは可能です。専業主婦でも、配偶者の方で収入があれば借り入れすることができるでしょう。
このように、お金を借りるためには一定の条件が必要ですが、それ以外にも審査が必要になります。審査は、本人確認が必要ですが、そこで問題になることはそれほどないでしょう。問題になりやすいのは、信用事故の問題です。過去にお金を借りたことがない人は全く関係ありませんが、過去にほかの消費者金融や銀行などからお金を借りた人は、信用事故の問題がかかわってきます。これは、ほかの業者からお金を借りが時に、しっかりと返済できている場合は問題ありませんが、返済できていない時に問題です。返済できていない状態とは、最後まで完済はしてみたけども、途中で何カ月も滞納してしまった場合や、返済ができず債務整理をした場合、あるいは、どこかに逃げてしまった場合で、しかも逃げたままお金を一切返済していない場合などです。
信用事故とは、いわゆるブラックリストのことを意味します。ブラックリストとは、個人信用情報機関に名前が掲載されていることです。名前が掲載されているときに、「異動」などと書かれているときはブラックリストに名前が載った状態です。この状態のままでお金を借りても審査に通ることはありません。基本的に福島銀行は、個人信用情報機関に登録されています。個人信用情報機関に登録されている業者からお金を借りて、ブラックリストに名前が載っているときには、個人ほかの消費者金融や銀行などからお金を借りた場合でも、その情報を見ることができます。つまり、金融機関やカード会社消費者金融などお金を貸している機関の中で、情報を共有することができているわけです。過去に別の会社で債務整理をしたけども、福島銀行では債務整理をしていないので問題ないだろうとする考え方は間違っています。ブラックお金借りることで、ブラックリストから解除された状態になる必要があるでしょう。
そもそもブラックリストから解除されることはあり得るかが問題になりますが、一つだけブラックリストから解除されることができます。それは、時間が経過するのを待つだけです。通常は、ブラックリストに登録された理由により、どのくらいの時間で登録が解除されるかが変わってきます。例えば、何カ月か滞納した場合です。普通に考えれば、1カ月程度の滞納したとしても特に問題はありません。ブラックリストに名前が載るのは3カ月以上滞納したときです。1か月程度の滞納であれば、たまたま振り込みを忘れていた場合や、うっかり支払いを忘れていたといったことは日常的に起こりうることです。もちろん約束を破るといった点においては理由は関係ありませんが、そのような人まですべてブラックリストに載せてしまうと、お金を貸す相手がいなくなってしまいます。ですが、滞納期間が3カ月も経過している人に対しては、ブラックリストに名前を載せても問題ないと判断されています。
この場合には、およそすべてのお金を返済してから半年間は、名前が載っていることになるでしょう。逆にいえば、半年以上経過したときならば、ブラックリストから解除されている可能性が高く、審査に通りやすいと言えるでしょう。
債務整理の場合であれば、すべての返済を終えるか、あるいは自己破産手続きを終えた時から5年間から10年間は借り入れができません。本格的にお金を借りるのであれば、それ以上の時間を経過するのを待つしかありません。
もし、お金を払わずにどこかに逃亡してしまい、そのまま消滅時効成立している人は、どこの業者であっても借り入れすることはできません。これは期間限定ではなく、いつまでも借り入れできないと思って間違いないでしょう。なぜなら、債権者に対する裏切りが大きいからです。このように、ブラックリストから解除されているかどうかを判断するためには、一定の時間が経過することが重要です。
それ以外には、会社勤めをしているかどうかの確認、つまり在籍確認なども必要になります。