もみじ銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

もみじ銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

もみじ銀行は広島県に本店のある地方銀行ですが、北九州から広島を中心に手広く営業を行っている金融機関でもあります。広島県民にとっては非常になじみ深い金融機関と言えるので、カードローンを検討している県民は一度検討してみると良いでしょう。ただ、気になるのがブラックお金借りる際でも問題ないのかという点です。カードローンを利用したい人の中には、以前滞納などをしてしまってブラックリスト入りしているという人もいるでしょう。もみじ銀行は銀行系なので審査も厳しい感じがしますが、実際のところはどんな特徴があるのでしょうか。

 

もみじ銀行カードローンは、金利が2.8%から11.2%で利用限度額は50万円から500万円となっています。貸付条件は、広島銀行の本店もしくは支店のある地域に住んでいる人や勤務している人です。更に年齢制限もあり、満20歳以上かつ満60歳以下の人、および前年度の年収が最低でも200万円以上あることという条件もあります。勤務先に3年以上勤続している、保証会社から保証を得られるなど様々な条件が課されているので、消費者金融系と比較するとやはり借りるのが難しいカードローンだと言えるでしょう。

 

ただ、カードローンの条件としては非常に良く、地方銀行の中でもトップクラスに便利で魅力的な内容となっています。借入限度が50万円からとなっているため、審査に通りさえすれば最低でも50万円の現金を準備できることになります。さらに銀行系のメリットとも言える低金利も満たしており、メガバンクですら上限金利が14%台というところを11.2%という低金利で貸し付けてくれます。限度額が高くなればなるほど金利は低くなっていくので、できるだけ多く借りたいという人には頼もしい味方になるでしょう。

 

いかに条件が良くても、当然審査に通らなければ借りることはできません。もみじ銀行に限ったことではありませんが、審査の基準や内容などは特に公開されていないため、正確な基準やコツを知ることはできません。しかしカードローンの審査では、金融機関から信用をいかに得られるかが重要なポイントになります。最も重視されるのは返済能力で、収入が安定していることや継続して得られる見込みがあることなど、審査に影響するポイントは様々あります。もみじ銀行の場合は必ず保証会社に加入して保証を受ける必要があるので、万が一返済が滞ると自分の代わりに保証会社がもみじ銀行へ返済を肩代わりしてくれることになります。もちろん返済が免除されるわけではなく、次は保証会社に対して返済していく義務が生じます。このため実際に審査を行うのはこの保証会社ということになり、銀行ではなく保証会社から信用を得ることが必要となります。

 

審査に通過するコツとしては、まず当然ですが申込時の内容に嘘をつかないということが挙げられます。金融機関は様々なコネクションを通じて申込者の情報を集めてチェックしているため、嘘の内容を記載してもバレてしまう可能性が高いです。嘘の内容を申告していることが知られれば、当然信用を得ることなどできないので、その時点で審査を落とされてしまうでしょう。個人信用情報機関への照会や在籍確認などでも申込時の内容はチェックされているため、安易に嘘をつかないことが大切です。また、収入が安定していないということも大きなマイナスポイントです。勤続年数が長かったり正社員など雇用が保証されている、危険性の高い職業ではない、会社の規模が大きく倒産やリストラの心配がないという状況であれば、安定収入が見込めるとして高評価になります。
さらに、他社からの借り入れをしていないことも重要なポイントになります。あまりに多くのお金を借りていると、当然ながら毎月の返済が大丈夫なのかと心配されます。それ以前に経済状況が良くないと判断され、返済能力も疑問を持たれてしまいます。目安としては、年収の3分の1以上を借りているか、4件以上のカードローンを契約しているような場合に審査で落とされてしまう可能性が高いです。また、短期間に複数のカードローンに申し込みを繰り返しているような場合も注意が必要です。申し込んだだけなら問題ないだろうと考えがちですが、信用情報機関には申し込みをした時点でその情報が記録されてしまいます。短い期間に何件もの申し込みを行っていると、それだけお金に困っているのではないか、他の金融機関に軒並み審査で断られているのではないかと思われてしまいます。

 

このようなポイントで審査に影響する可能性が高いのですが、もみじ銀行の場合は保証会社を使っているので特に注意が必要です。他の金融機関で過去に金融事故などを起こしていた場合、仮に保証会社が同じところであれば情報が確実に回っているので審査で即落とされてしまうでしょう。もちろん上記のポイントを押さえていても審査に通るとは保証できませんが、通過の可能性は高まるので覚えておくと良いでしょう。