楽天銀行スーパー ローンの在籍確認について カードローンを選ぶ時のポイント

楽天銀行スーパー ローンの在籍確認について カードローンを選ぶ時のポイント

 

いまや、インターネットのバナー広告では頻繁に出てくる「楽天銀行スーパーローン」ですが、実際の申し込みから審査、そして職場への在籍確認から実際の融資まで、一連の流れを纏めてみました。

 

楽天銀行スーパーローンの申し込みは?
申し込み自体はインターネットで完結する事が可能です。申し込み時に必要な本人確認書類などは、アプリからのの画像送信で済ませることができます。尚、楽天銀行の口座がなくても申し込みは可能です。インターネットから必要事項を入力すれば、確認のメールが届きますので、まずは仮審査の結果を待つようにしましょう。

 

ローン審査の流れについて
申し込みをしたら、審査に進んでいく訳ですが、基本的には本人の「属性」を元に判断される事になります。属性とは勤務年数、年収、持ち家か賃貸か、他社からの借り入れ状況、そして信用情報の登録状況の照会が行われますので、万一他社からの融資を受けていて延滞していたり、5年以内に債務整理の履歴があった場合などは、まずは審査に通らないと思って良いでしょう。しかし、最終的に「融資を行う」「行わない」の判断は、銀行が行いますので、「まず審査は通らないだろう」と思っていても、何故か融資をしてくれたというケースもありますので、一概には言えません。まずは申し込んでみる事からはじめましょう。

 

申し込みの際に注意したい事。
ローンの申し込みの時には注意しないといけないポイントがいくつかあります。まず「ぜったいにうそをつかない事」です。勤務先や他社借り入れ状況については、調べたりすれば絶対ばれる事ですので、必ず本当の事を入力するようにしましょう。誤って入力したとしても、故意に異なる情報を入力したと思われ、印象が悪くなるだけですので、注意しましょう。そして、もう一点は「同時に何社も申し込みをしない事」です。金融機関は、常に信用情報センターの情報を照会できます。そして、カードローンの契約をしなくても、申し込みをした履歴はすべて信用情報センターへ記録が残ります。その情報は6ヶ月で消えるのですが、例えば1ヶ月以内に4〜5社もローンの申し込みをしている場合には、「この人は相当お金に困っているんだな。他社は融資を断ったんだな」というイメージをもたれて、新規の融資の審査はまず通りません。同時に申し込むのは2社程度にする事が重要です。次に申し込むのは、そこから半年後にしましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

職場に在籍確認の電話は入る?
審査時には、必ず職場に在籍確認の電話がかかってきます。仮審査が完了するとほとんどの場合は申込者にメールと電話がかかってきます。その際に「職場へ在籍確認の為、電話をいたします」という説明があります。電話の際には個人名で名乗っていただけるようですが、「どちらの○○さまですか?」と尋ねられたら、「楽天銀行です」と答えてもよろしいですか?と、事前に確認されるようですので、その時に希望の名乗り方をお願いすると良いでしょう。最近は職場にもそのような電話が入る事も少なくないので、同僚に消費者金融に借金してると噂されたくなかったら、はじめから銀行名で名乗ってください、とお願いするほうがいいかもしれません。又、申し込みした日が土日など会社が休みの日に入っていたら、まれに週明けを待たずに融資OKの回答が来ることもあるようです。銀行としては、そのタイミングを失って契約を1件逃すくらいなら、小額融資でもして審査OKとしたい、という事なのでしょう。しかしながら、最終的には前述の通り、融資されるか否かは本人の属性によりますので、念頭においておきましょう。

 

楽天銀行スーパーローンの利率と融資金額は?
融資利率は1.9%〜14.5%となっています。そして融資の最大借り入れ可能金額は800万円と、融資枠も非常に大きな金額となっています。しかしながら、初回契約で1.9%・800万円という好条件が適用される事は、まずありません。融資枠によって、利率が設定される仕組みですので、小額融資の場合であれば、最大利率の14.5%が適用されることになります。ただし、それであきらめるのはまだ早いです。初回契約を経て、融資を受けて、最短半年で「増額融資」の案内を受けることがあります。又、自分から増額審査を申し入れてみましょう。その時点で、本人の属性や取引状況が問題なければ、増額融資もしてくれるようです。一度チャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

楽天銀行スーパーローンの返済方法と金額は?
では、返済の条件はどのようなものでしょうか。ローンの返済は登録の銀行口座からの自動引き落としとなります。引き落と日は、1日、12日、20日、27日から選ぶことができます。更に、返済金額は融資残高によって、最少支払い額が決まります。例えば50万円〜100万円の融資残高がある場合は、15,000円が最少返済金額となります。

 

上記のことをよく踏まえて、計画的に申し込み・利用をしましょう。

 

 

 

カードローンを選ぶ時のポイントをご紹介します。

 

お金を借りる際には、カードローンを活用します。

 

カードローンは3つの種類があるので確認しておいてください。

 

1..銀行カードローン
・メガバンク
・信託銀行
・地方銀行
・ネット銀行
・農林中金
・信用金庫
・銀行カードローン

 

2.信販系カードローン
・信販会社
・クレジット会社発行のカードローン イオンクレジット など

 

 

3.銀行系カードローン
消費者金融会社が発行しているカードローン
モビット プロミス アコム アイフル レイクなどです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

審査基準の厳しさについては

 

一番厳しい 銀行カードローン

 

二番に厳しい 信販系カードローン

 

三番目 銀行系カードローン

 

 

金利については

 

銀行カードローンが最も低いです。

 

信販系カードローンが2番目

 

銀行系カードローンが他に比べて金利は高めになります。

 

即日キャッシングやその他融通が利くのが、モビット、プロミス、アイフル、アコムなど、銀行系カードローンですね。

 

⇒ 主婦学生でもお金を借りる

 

 

スポンサードリンク