セブン銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

セブン銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

セブン銀行カードローンを申し込む際に、審査に通ってお金を借りることができるか気になる方もいると思われます。

 

特に、返済遅れや債務整理、申込多重をしている方であれば、ブラックリスト入りしている可能性もありますので心配になるでしょう。

 

ブラックお金借りる審査通過が可能であるか、条件面から考えてみましょう。

 

一般的なカードローンの審査では、契約状況や返済状況が記載されている信用情報を閲覧します。

 

詳細は本人や契約会社以外に閲覧できませんが、債務整理の情報や延滞、代位弁済等のトラブルの情報は確認できることがあります。

 

解決してから5年〜10年は、これらの情報が閲覧できますので、期間内は借入が非常に難しい状態になるでしょう。

 

まだ情報が記載されている場合は、消去されるまで待ってから借入を検討するようにしましょう。

 

この期間に申し込んでも無駄足になりますし、申込をしても契約ができなかった記録が最低でも6ヶ月は記載されます。

 

具体的にセブン銀行カードローンの申し込み条件を確認してみましょう。

 

年齢が満20歳以上から70歳未満の方が申込できるので、安定的な収入があっても未成年の方や、70歳を超えた方は申込ができません。

 

また、セブン銀行に預金口座を保有している必要があります。

 

ない場合は、カードローンの申込と同時に口座を開設できるので、一緒に申込手続きをするといいでしょう。

 

ただ、口座が開設されるまでの1週間程度かかること、キャッシュカードから借入をすることになるので、カードを手元に届かなければ手続きができませんので、元々口座を開設している方でないと当日中の借入はできません。

 

ブラックの方で問題になるのが、保証会社の問題です。

 

保証会社は申込をした方の審査をして、貸付をしても問題ないか信用情報等を調査した上で可否を決めます。

 

セブン銀行カードローンでは自社で審査を行わず、消費者金融のアコムに保証業務を委託しています。

 

ですから、審査もアコムが行うと考えていいでしょう。

 

審査基準はセブン銀行で条件を設定していると考えられますが、以前にアコムで返済トラブルを起こした方、同じくアコムが保証業務を担当する他の借入でトラブルになった方の場合、かなりの期間が経っていないと審査に通らない可能性が高くなります。

 

1、2回の返済遅延では問題にならないと考えられますが、具体的には、3ヶ月以上返済を滞らせて延滞させていたり、途中で返済できなくなって債務整理をしたりした場合のケースが問題になるでしょう。

 

通常は、期間が過ぎれば信用情報から消去されます。

 

しかし、当該の金融機関では社内情報が残されるため、以降の借入契約が難しくなると言われています。

 

セブン銀行のカードローンの審査には当てはまるかどうかは確実ではありませんが、債務整理をしてから10数年以上を超えていて、以前よりも安定した収入を得ている等の好条件が揃っていない限りは、申込を見合わせた方がいいかもしれません。

 

セブン銀行カードローンは銀行のカードローンに分類されるので、審査は厳しいと考えられるでしょう。

 

しかし、借入限度額が非常に低めに設定されているので、他の銀行カードローンに比べれば通りやすい印象はあるかもしれません。

 

借入限度額は10万円と30万円、50万円の3つのコースがあります。

 

最大でも50万円までしか借り入れが出来ないことになるので、おまとめローンや借り換えには向いていないでしょう。

 

収入を証明する書類は必要なく、本人確認ができる書類が用意できれば申込が可能になります。

 

在籍確認は原則として行われていません。

 

インターネットのフォームから申込手続きをして、1〜2時間程度でメールで借入できるかが知らされます。

 

在籍確認が行われないことや、借入限度額が低いことから、簡単に審査に通ると考える方もいますが、収入や勤務実態を調査しづらい分、自営業やフリーランスの方の場合は、一番低い限度額を申請しても認められないケースが多く見られます。

 

かえって、配偶者に安定した収入がある専業主婦や主夫、非正規雇用でも月々安定した給与が入るパートやアルバイト勤務の方の方が認められやすい傾向にあるでしょう。

 

また、トラブルを起こしていない状態でも、他社の借入限度額の枠やカードの利用残高が収入に対して著しく多いと判断される場合も断られる場合があるのではと予想されています。

 

セブン銀行のカードローンに落ちた場合でも対策できることがあります。

 

そのまま普通預金口座を開設して、預金するようにしてサービスを使うと、何年後かにカードローンの申込を再挑戦して通る事例もあります。

 

その場合は、一番低い10万円のコースを指定するといいでしょう。

 

後から増額もできますので、最もリスクの低い金額にしておくことを勧めます。

 

セブン銀行では、デビットカードの発行にも対応しているので、ショッピングや通販での購入時に利用して、きちんと取引ができる利用者という印象をもたらせば審査にも有利な状況を作れる可能性が高くなるでしょう。