東日本銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

東日本銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

東日本銀行は、東京日本橋を中心に支店を広げている銀行になります。この銀行の商品の中には、カードローンがありますが、その名も「お江戸日本橋カードローン」と呼ばれています。「お江戸日本橋カードローン」の特徴は、まず年齢制限が20歳以上で69歳以下になります。銀行系のカードローンの中では、比較的年齢の幅が広くなっています。ちなみに、多くの銀行は満65歳未満になっているため、定年退職をしている年齢でもお金を借りるならば東日本銀行が良いことになります。
お金を借りる時には、しっかりと返済できるかどうかを判断しますので、安定した収入が必要になります。安定した収入とは、継続的に給料が入っている状態です。毎月金額が違っても、特に問題はありません。会社員であれば借り入れをすることができる可能性が高いですが、会社員以外でも借り入れをすることは十分可能です。専業主婦の場合は、安定した収入を持っていませんが、配偶者に安定した収入があれば特に問題なくお金を借りることができます。
金額は10万円から500万円までになります。地方銀行の金額としては平均的な金額かやや多い金額と言えるでしょう。金利は2.9パーセントから14.5パーセントまでと幅があります。当然借り入れる金額が低ければ金利は高くなり、借り入れる金額が高ければ金利は低く設定されます。2.9パーセントの金利は、ほかの銀行ではあまりやっておらず4パーセント台が多い中で非常に負担が小さくなるためたくさん借りる人にとってはメリットは大きいです。
とはいえ、だれでも限度額500万円を借りることができるわけではありません。いくら借りることができるかは、その人の年収によって決まります。銀行の場合であれば総量規制の対象外ですので、年収の3分の1までしか借り入れできないわけではありませんが、それでもおよそ半分ぐらいの金額までしか借り入れできません。具体的な例を出すと、年収が400万円であればその半分の200万円までであれば借り入れが可能です。そのように考えると、限度額の500万円を借り入れできる人は、年収が1000万円以上の人になりますので、ごく限られた人になります。
安定した仕事に就いており、収入があっても、審査に通らなければお金を借りることができません。審査は本人確認や信用事故の確認などがあります。それに加えて在籍確認もあります。在籍確認をしないでお金を借り入れることができると考えている人もいますが、実際にはそのようなことはなく、確実に在籍確認を行っていきます。
信用事故があるかどうかは、借り入れを希望している人が過去に長期間滞納したか、債務整理をしたかのどちらかがあることが必用です。いわゆる、ブラックリストに名前がある状態です。ブラックお金借りることはできませんので、過去にブラックリストに載るようなことをしている人は、借り入れをあきらめるしかないとも言えます。基本的に一回ブラックリストに載るようだと要注意人物とみなされます。遅刻の常習犯と同じように、一度遅刻すると再び別の日に遅刻する確率が高いのと同じです。
では、絶対に今後借り入れすることができないかといえば、そのようなことはありません。一定の条件を満たした場合には、借り入れが可能です。まず滞納した人の場合は、滞納したお金をすべて払い終えて、それから半年ほど経過しないとブラックリストから名前が解除されません。債務整理をしてブラックリストに名前が載ってしまった人は、5年から10年はブラックリストから名前が消えないと思って間違いありません。任意整理と個人再生の場合は、5年ほど時間が経過するのを待ちましょう。もし、自己破産している場合には、自己破産手続きが終わってから10年間経過しないとブラックリストから名前が消えることはないでしょう。
自己破産をしている人は、リストから解除される為にもう一つ条件があります。それは、安定した収入があることです。通常自己破産しているときには、安定した収入がなかったはずです。もし安定している収入があれば個人再生や任意整理が適用されたでしょう。自己破産している場合は、安定した収入がなかったため自己破産を宣告されたわけです。そのため、単に10年間経過しただけでは足らず、しっかりと職について毎月の給料をもらう必要があります。
このように、同じブラックリストに載る人でも、それを解除するための条件は人によって若干異なります。可能であれば、ブラックリストに載るようなことはしない方がよいですが、計画性がなくあるいは予期せぬ出来事がおこりお金が返さなくなった場合はやむをえません。一定の時間が経過し借入できる条件が整うまでじっと待ちましょう。
ちなみに、ブラックリストの名前は自分で消すことができません。ただし、ブラックリストの内容が間違っていた場合には、申し出をすることで変更してもらうことができます。