SBJ銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

SBJ銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

急な用事、散財、浪費などさまざまな理由で借金の必要性が生じる可能性がありますが、誰が見ても納得できる理由でなければ個人的に融資を受けられる可能性は低いです。借金の必要性があったとしても、借りずにやり過ごすことで問題が解決できるのであれば良いのですが、そうではない場合は「とにかく貸してくれるところを探す」ということが必要です。

 

現状ある借金の選択肢としては、「銀行」「消費者金融」「公的資金」などがあります。細かい選択肢を含めて考えるとその数は多いですが、一般的に利用されやすい方法はこの3つです。しかし、公的資金を利用する人はあまりおらず、実際には銀行または消費者金融などが販売している「(カード)ローン」を利用して必要なお金を工面することが老いです。

 

どのような方法であれば、必要なお金を手に入れることができて問題が解決できれば良いのですが、「その場しのぎ」の対応は非常に危険です。具体的にどういった状況がその場しのぎに該当するのかの判断は簡単ではありませんが、分かりやすい例で言えば「借金を返済するための借金」などがあります。要するに、根本的に問題を解決することができない手段で借金を選択することは止めた方が良いということです。

 

(カード)ローンを利用する場合には、それぞれの商品を取り扱っている会社が行う審査を突破することが必須です。審査ありきで話が進んでいくため、最初の段階で審査突破の可能性がないと判断された場合には、具体的な融資の話などする余地もなく否決されてしまいます。銀行や消費者金融などを利用して借金をしようとしている場合には、何よりもまず「審査を突破すること」を意識する必要があります。

 

審査ではどのようなことが評価されるのかというと、主には「信用」「返済能力」の2つです。十分な返済能力を有していて、なおかつ確実な返済が見込めるだけの信用があると判断された場合には融資を受けられます。しかし、いずれかまたはどちらの要素も不十分であると判断されてしまった場合は、残念ながら融資を見送るという判断が下されることになります。

 

どのような理由で借金が必要になったのかということにもよりますが、誰が聞いても納得できる事情があれば多少の条件不足は大目に見てもらえる可能性もあります。しかし、必然性がない理由で借金を希望する場合には、事細かに条件をクリアしているかどうかが判断されるだけでなく、事前段階で融資に足る人物なのかどうかが厳しくチェックされます。

 

審査と突破するために必要なことは、基本的な要因である「返済能力」「信用」の2つを高めることです。返済の雨量を高めるためには「収入を増やす」ことが最も確実であり、より大きな収入を得ている人の方が信用も底上げされます。収入が多ければ返済に充てる余力が多いと判断されることで審査突破の可能性が増すわけですが、単に収入が多ければ良いと言うことではありません。

 

たとえば、年収100万円で債務なしの人と、年収1000万円で債務1100万円の人を比べた場合、必ずしも後者の方が高く評価されるとは限りません。年収だけを比較すれば10倍もの差がありますが、前者は債務を負っておらず後者は年収以上の債務を負っている状態が関係して、評価が逆転する可能性があります。具体的にどのような評価になるのかは判断する側のさじ加減次第ですが、「生活余力を増やす」という意識を持つことがポイントです。

 

また、返済能力だけでなく「信用」も重要な要素です。信用とは、「ちゃんと返済してくれるだろう」という見込みに近いもので、多くは印象(心証)で判断されます。言葉やしぐさなどからその人の信用度合いを判断し、十分に見込みがあると判断できた場合には融資対象として評価されるわけです。

 

ただ、現在はほとんどが機械的な評価を採用していて、細かな基準ごとに点数化されています。申し込み時に提出する情報を細かく採点していき、その結果が基準を超えた場合には融資対象者として契約手続きに進んでいくという形です。ただ、信用に関しては提出した情報だけではなく、「信用情報機関」に集められ保管されている情報も考慮します。

 

信用情報機関には、過去5〜10年程度を上限とした信用取引の情報が保管されていて、契約内容や返済(支払い)状況なども細かく管理されています。この情報を基に判断するため、いわゆる「ブラック」の人は融資を受けられる可能性が少ないということです。

 

ブラックお金借りることが可能なカードローンというものは、ほとんどありません。完全に0ということではないものの、少なくとも正式な貸金業者の中には存在しておらず、一部違法行為をも辞さない貸金業者(いわゆる「闇金業者」)の中には、状況にかかわらず相応の融資を受けられるところもあります。ただし、容易に想像できる通り違法業者を利用した場合のリスクは計り知れないため、まず選択肢から除外することが重要です。