名古屋銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

名古屋銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

名古屋銀行は、中部地方でも大手の地方銀行になります。

 

この銀行の特徴は、いくつかありますが、最近はやりのカードローンを扱っていることです。

 

カードローンを2種類あり「新ミニマム」と「御用達くん」です。

 

前者の方は、最大200万円まで借りることができる点において魅力があります。

 

後者の方は、最高で50万円しか借りることができないため、少ない金額を借りたい場合は後者の方を選びましょう。

 

 

いずれの場合でも、審査が必要になります。

 

審査をする場合は、本人確認と信用事故の確認、そして在籍確認の3種類があります。

 

本人確認に関しては、パスポートや保険証を見せれば確認をすることができます。

 

過去には、本人と偽ってお金を借りトラブルになった例があったことから、本人確認を正式にするようになっています。

 

次に問題になるのが、信用事故の確認です。

 

信用事故とは、ブラックリストに名前が載ってしまった人を確認することです。

 

実際にブラックリストといわれているリストは、情報信用会社が保有しているリストのことです。

 

情報信用会社の情報には、適法に運営している会社からお金を借りた人の情報が掲載されています。

 

業者の方ではそれを見ることができます。

 

ほかの業者で借り入れをした場合に、返済期限まで長期間お金を返すことができなかった場合は信用事故として扱われ、「A」の記号が記入されることになっているのが特徴です。

 

それ以外にも、債務整理をする場合には、信用事故として扱われ、ブラックリストに名前が載っているわけです。

 

ブラックお金借りることは基本的にできません。

 

なぜなら、金銭的な信頼がないと考えられるからです。

 

金銭的な信頼がない人は、継続して信頼を失うようなことを平気でします。

 

つまり、お金に関する認識が甘い可能性が高く、結果的に相手に迷惑をかけるようになるわけです。

 

そのような人にわざわざお金を貸しても、結果的にまた信用事故を起こしてしまい、債権回収ができなくなる可能性があります。

 

学校でいえば、宿題を忘れる常習犯は何度も宿題を忘れるように、お金の返済にルーズな人は何度でも遅延を繰り返します。

 

昔のように、景気の良かったころの銀行であれば、多少問題があっても他で回収できましたが、最近の銀行はカードローンに力を入れており、しかも確実に返済できる人にしかお金を貸していません。

 

返済が滞ったり、どこかに逃亡してしまう人が増えれば増えるほど、確実に経営は苦しくなっているでしょう。

 

もちろん、返済が滞った場合や、債務整理をする場合にブラックリストに掲載されても、それから一生その人はブラックリストに名前を連ねているわけではありません。

 

時間の経過とともにブラックリストから解除されます。

 

一般的に、3カ月以上の債務の滞納をすればブラックリストに掲載されますが、完済した時から半年から1年ほど経過するとブラックリストから名前が消えていきます。

 

これに対して、債務整理の場合は、5年ないしは10年間名前が消えることはありません。

 

将来的なことを考えると、債務整理をすると不利になります。

 

すでに債務整理をしている場合は時間の経過を待つしかありませんが、少し返済できないかもしれないと不安が頭の中によぎるようであれば、将来のことも考え、借り入れをしない方がよいでしょう。

 

ブラックリストに名前が載る場合は、確認ができればよいですが、だれでも気軽に確認できるわけではありません。

 

通常確認するためには、直接窓口に行く場合は500円、インターネットで情報を確認する場合が1000円かかります。

 

しかも、本人であることを証明する書類を市役所から取り寄せることが重要です。

 

このように、簡単にブラックリストの名前を確認できるわけではありませんが、確認できる場合でも手間とお金がかかることを覚えておきましょう。

 

一度名前が掲載されたブラックリストは、取り消すことができるかが問題になりますが、基本的に取り消すことはできません。

 

それができてしまうと、だれでもクレームを入れて取り消すことができるようになります。

 

そもそもそれでは、ブラックリストを所有している意味がなくなるでしょう。

 

ただし、情報には違いがあれば、訂正のためそれを業者に問い合わせることで、正しい情報に直してくれることはあります。

 

例えば、お金を借りようとしたけども、過去に債務整理や支援などをしていないのになぜかブラックリストに名前が載っているとしか考えらない場合は、訂正を求めることができるでしょう。

 

審査の最後は在籍確認になります。

 

名古屋銀行のカードローンにおける在籍確認はないのではないかと考えている人もいるかもしれませんが、在籍確認はあります。

 

通常在籍確認は、一番最後の審査になります。

 

この時、自分が銀行からお金を借りることを会社に知られてしまうのではないかと心配してる人もいますが、在籍確認の時は銀行名を告げるだけで、特に借金していることを会社側に告げることはありませんので、心配はないでしょう。