熊本銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

熊本銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

最近は、お金を借りる方法もいろいろありますが、その中でもカードローンを有名になっています。

 

 

もともとはクレジットカード会社が始めたカードローンですが、近年クレジットカード会社以外にも消費者金融や銀行などでもカードローンを扱っています。

 

 

カードローンは、会社によって取り扱いの状況が異なりますが、熊本近郊では低い金利でお金を借りることができるのが特徴です。

 

 

また、銀行であるため信頼されている点も見逃せません。

 

消費者金融などと比べると、借入までに時間がかかりますが、それ以外の点に関しては銀行の方が優れている部分が大きいです。

 

すぐにお金を必要としないけども、安心してお金を借りたい人や、返済するときに極力負担を減らしたい場合には銀行からお金を借りるのが良いです。

 

とはいっても、だれでもカードローンでお金を借りることができるとは限りません。

 

銀行でお金を借りるためには条件がそろっており、なおかつ審査に通ることができれば借り入れができますが、条件が整っていない場合や、審査しても落ちてしまった場合にはお金を借りることができません。

 

まず条件については、年齢制限があるためこの点は注意をしておきましょう。

 

熊本銀行の場合は、満20歳以上で借り入れすることができます。

 

また69歳以下で借り入れすることができるため、地方銀行の中では比較的高年齢でも借り入れができる銀行になります。

 

職業は、特に決まっていませんが、安定した収入があることを条件としています。

 

会社員でなくても、安定した収入があれば派遣社員やアルバイトでも問題なく借り入れすることが可能です。

 

使い道は自由ですが、会社を立ち上げる時や会社の運営資金としてお金を借りることはできません。

 

このような条件のもとにお金を借りることができます。

 

熊本銀行の特徴としては、利用限度額が高いことです。

 

10万円から1000万円までカードローンで借りることができます。

 

これは、都市銀行並みに限度額が高いのが特徴です。

 

しかも都市銀行に比べても条件が緩いため、たくさんの金額を借りたい人にとってはメリットが大きいでしょう。

 

金利も3.0パーセントから14.5パーセントまでの固定金利となっており、多く借りれば借りるほど金利が下がる仕組みです。

 

金利の下限も、大手都市銀行と大して変りませんので、高額のお金を借りたい人にとってはうれしい仕組みと言えるでしょう。

 

もちろん、金額は年収によって異なってきます。

 

通常は年収の半分程度の金額しか借り入れることができないため、年収300万円の場合審査に通れば150万円まで借り入れすることが可能になります。

 

1000万円の金を借りるためには、2000万円の年収をもらっていないといけません。

 

普通のサラリーマンで2000万円の年収をもらっている人はほとんどいないため、1000万円借りることができる人は会社員では難しいです。

 

審査するときには、個人情報の提示が必要です。

 

本人確認をする必要があるからです。

 

本人確認を行う場合は、免許証や保険証の提示が必要です。

 

次に、信用事故がないことが重要です。

 

信用事故とは、過去にお金を借りて期限までに返済できず債務整理をしたことです。

 

あるいは、債務整理をせずそのままどこかに逃げてしまい、債権が消滅してしまった場合です。

 

前者の場合は、一定の期限が過ぎた後ブラックリストから名前が消えることになります。

 

ブラックリストから名前が消えれば、審査に通ることは可能です。

 

一方で、後者の場合は楽リストに名前が載った状態で消えることは考えにくいです。

 

なぜこのような扱いになるかといえば、どこかに逃亡し債権が消滅してしまった場合、お金の返済がされていない状態になります。

 

貸し主も借り主も納得したうえで債務が減額される場合と異なり、債権者側が納得していない状態でどこかに逃げてしまったため、問題になります。

 

しかも最近まで消滅しており、債務者としての努力も全く見られません。

 

このような状態でお金を貸すわけにもいかず、特定の業者などを除けばまずお金を貸してくれないでしょう。

 

債務整理を行った場合は、債務整理が完了した状態から一定の期間を経過しない限り、ブラックリストから名前が消えません。

 

債務整理が完了した状態とされるのは、定められた期間が経過し、定められた金額を返済している場合です。

 

例えば個人再生の場合でも、弁護士にお願いをすれば弁護士が債務者のお金を預かってくれます。

 

預かったお金から、弁護士が毎月債権者に対して支払いをするため、支払いされてない状態が続くことは考えにくいです。

 

一定の期間が経過してブラックリストから名前が除外されていれば問題ありませんが、それを判断するのは難しいです。

 

なぜなら、金融関係者以外の人は、ブラックリストを閲覧することができないからです。

 

いまひとつどの段階でブラックリストから名前が消えているかわかりにくいですが、7年以上経過していればおおよその場合ブラックリストから名前が除外されます。

 

このようにブラックお金借りる時は一定の制限があることを覚えておきましょう。