楽天銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

楽天銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

楽天銀行のカードローンをスーパーローンと言います。

 

スーパーローンのスペックは以下の通りです。

 

金利は年1.9〜14.5%、利用限度額は最大800万円です。

 

これを見ると、金利はかなり低く、限度額が高めに設定されていますが、まさにネット銀行ならではの強みと言えます。

 

しかし、だれでも利用できるわけではありません。

 

当然申込条件があるので、見てみましょう。

 

 

まず、年齢は満20歳以上62歳以下の人でないといけません。

 

安定した収入が必要ですが、パートやアルバイトでもその条件を満たせば、申込ができます。

 

専業主婦や学生も申込可能です。

 

ただ、パートやアルバイト、専業主婦は60歳以下が年齢制限となっています。

 

楽天銀行の口座がなくても利用できます。

 

振り込み先を他の銀行口座にできるし、返済用口座も同様に他行の口座に指定できます。

 

楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けられなければいけませんが、楽天銀行が認めればその必要はありません。

 

担保や保証人は要りません。

 

次に、申込方法ですが、ネット銀行ということもあり、インターネット申込のみとなっています。

 

申込から借り入れまでの流れは以下の通りです。

 

申込フォームに必要事項を記入して、審査を待ち、結果が通知され、審査に通過していれば、在籍確認が行われます。

 

その後、必要書類を提出し、カードが送られてくれば、そのカードを使って借り入れができます。

 

カードが送られてくる前に、振り込みで融資を受けることも可能です。

 

この流れの中で一番重要なのは審査です。

 

審査に通らなくては、お金を借りることはできません。

 

そこで、楽天銀行のカードローン審査の基準を確認しておきましょう。

 

まず、審査が甘いという評判もありますが、やはりカードローンである以上、かなり厳しく申込者の情報を精査していることに変わりありません。

 

属性調査、信用情報のチェックも徹底的に行われます。

 

属性調査では、職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態などが調べられます。

 

そのほか、他社借入件数や他社申込件数なども調査対象となります。

 

どこのカードローンでも同じですが、信用できる企業に一定年数以上勤め、ある程度の収入があれば、信頼度はよくなり、審査通過の可能性が高まります。

 

他社借入件数については、少なければ少ないほどいいですが、3件以上あると、審査の通過が難しくなるようです。

 

他社申込件数も同じ月に同時に多数申込むのはよくありません。

 

続いて、信用情報ですが、個人個人の信用情報は信用情報機関に保管されています。

 

信用情報には、クレジットカードやローンの取引履歴、借入金額、返済状況などが登録されているので、調べれば申込者がどこからいくら借りていくら返したかはすぐにわかるようになっています。

 

仮に属性の調査で提出する申込書に他社借入件数などについて虚偽の報告をしても、信用情報機関に信用情報を照会すればすぐに判明するので、意味がありません。

 

意味がないどころか、信用を失って、審査落ちになりますから、偽りの報告はしないことです。

 

信用情報のチェックにおいて、もう一つ重要な項目が金融事故情報です。

 

金融事故情報とは、ローンの返済の遅延、債務整理、強制解約、代位弁済などのことです。

 

返済の延滞は短期間ならそれほど問題にはなりませんが、2〜3か月に及ぶと金融事故情報として登録がされます。

 

債務整理とは、任意整理や個人再生、自己破産のことですが、これも金融事故情報です。

 

そのほか、強制解約は金融機関から強制的に解約を言い渡されることであり、代位弁済とは保証会社が代わりの返済をしたことを指します。

 

これらの金融事故情報が信用情報機関に登録されることを、俗にブラックリストに載ると言います。

 

ブラックリストなるものが存在するわけではないのですが、一般的によく使われる言い方です。

 

「ブラックお金借りる」で検索すると、実際にブラックリストに載っている人でもお金を借りられる消費者金融などが紹介されていますが、普通はブラックリスト入りした人は新たなカードローンの利用ができません。

 

楽天銀行のスーパーローンも例外ではありません。

 

したがって、審査に通過するためにも、金融事故情報が信用情報機関に登録されないよう、日ごろから注意しておくことが大切です。

 

ただ、万一金融事故情報が登録されても、5〜10年すればその記録は消えるので、それを待てばカードローンの利用はできるようになります。

 

在籍確認については、非通知設定で、個人名で勤め先に電話がいきます。

 

一部金融機関では、在籍確認を省いたり、書類審査だけでOKとしているところもありますが、楽天銀行の場合は、必ず電話で在籍確認を行います。

 

最後に、楽天銀行のスーパーローンの審査に早く通りやすくなるコツをお教えしましょう。

 

ポイントは二つあって、楽天市場を利用することと楽天銀行の口座を所有していることです。

 

楽天銀行の口座がなくてもスーパーローンは利用できますが、口座があったほうが審査が迅速化し、優遇もされるようです。