みなと銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

みなと銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

みなと銀行は兵庫県神戸市に本店がある第二地方銀行です。

 

三井住友銀行の子会社で兵庫県では最大規模の店舗数を誇っています。

 

県外では大阪府大阪市の心斎橋や梅田、吹田市の千里山、東京都の中央区日本橋室町に支店があります。

 

みなと銀行には「Qポートネオ」という名称のカードローンサービスが存在します。

 

「Qポートネオ」の申し込み可能年齢は20歳から65歳までです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

融資限度額は10万円から800万円、金利は年4.5%から14%とされます。

 

審査は最短1時間で完了します。

 

みなと銀行で普通預金口座を開設している場合には即日融資を受けることもできます。

 

みなと銀行カードローンの融資額の上限は800万円と非常に高額です。

 

また一般的なカードローンの最高金利は年18%とされますが、みなと銀行カードローンの場合は年14%と低く設定されています。

 

そのため審査は厳格に行われ、みなと銀行だけでなく保証会社の審査を受ける必要があります。

 

保証会社はグループ企業であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が務めています。

 

融資を受けるためにはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けることも必要です。

 

銀行系カードローンは貸金業法が適用されないため総量規制の対象外となります。

 

消費者金融系や信販会社系は貸金業法が適用されるので総量規制の対象となり、年収の3分の1を超過する融資を行うことができません。

 

しかしみなと銀行カードローンは銀行系カードローンなので融資額は年収によって制限されず、専業主婦でもキャッシングが可能です。

 

専業主婦がキャッシングを行う場合には配偶者に安定継続した収入があることが求められます。

 

パートやアルバイトなど非正規の場合でも安定継続した収入があれば申し込みできます。

 

みなと銀行カードローンには居住地や勤務地による制限がありません。

 

本店がある兵庫県以外の地域からでも申し込みは可能です。

 

営業区域である兵庫県や大阪府、東京都以外の地域から申し込みを行う場合にはキャッシングを行う理由を明確に説明することが必要になります。

 

即日融資を受けるためには事前にみなと銀行の普通預金口座を開設していることが必要です。

 

平日の朝9時ころまでに申し込みを済ませて即日融資を希望している旨を伝えます。

 

自宅や職場への在籍確認の電話は必ず行われます。

 

即日融資を希望する場合には勤務先の始業時間前でも確実に電話に出られるようにすることが重要となります。

 

在籍確認は必ず電話で行われます。

 

担当者は個人名を名乗るのでキャッシングの事実を他の人に知られる心配は不要です。

 

給与明細書などの書類を提出して電話連絡に代えることはできません。

 

みなと銀行カードローンの審査には仮審査と本審査があります。

 

電話連絡による在籍確認は基本的に仮審査の最終段階で行われます。

 

その後も必要があれば電話連絡があるので注意が必要です。

 

電話連絡を行うのは原則として保証会社ですが、必要があればみなと銀行が直接行う場合も存在します。

 

申し込む際には運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の提出が必須になります。

 

融資額や審査の結果によっては源泉徴収票などの収入証明書類が求められます。

 

即日融資を希望する場合には確実に提出できるように事前準備が必要です。

 

債務整理や長期にわたる延滞、代位弁済などがあった場合には事故情報が信用情報機関に登録されます。

 

事故情報が信用情報機関に登録されることを一般的にブラックリストに載ると表現します。

 

厳格な審査が行われるみなと銀行カードローンはブラックお金借りることができません。

 

銀行系カードローンではブラックお金借りることはできませんが、中小の消費者金融業者であれば可能な場合もあります。

 

また公務員の場合の共済組合貸付、生命保険加入者を対象とした保険契約者貸付であればブラックお金借りることができます。

 

その他にも質屋を利用したり生活福祉資金などの公的機関による貸付制度を利用する場合であればブラックお金借りることは可能です。

 

債務整理には任意整理と特定調停、民事再生、自己破産があります。

 

任意整理は債権者と債務者が私的に協議を行い債務額を減額します。

 

特定調停も当事者間の協議ですが裁判所の介入を受けます。

 

民事再生は5000万円以下で住宅ローン以外の債務を減額する手続です。

 

自己破産は生活に必要な最低限の財産を除いて換価処分し債権者に分配します。

 

基本的に全財産を処分しますが債務全額の免除を受けることができます。

 

これらの手続を行うには正確な債務額を確定する必要があります。

 

手続の最中で利息の払い過ぎが発覚した場合には過払い金を返還請求できます。

 

債務を完済する前の過払い金返還請求は任意整理に該当します。

 

そのため事故情報が信用情報機関に登録されることになります。

 

しかし返還された過払い金で完済できれば事故情報は抹消されます。

 

事故情報が抹消されればみなと銀行カードローンを利用できるようになります。

 

 

スポンサードリンク