豊和銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

豊和銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

豊和銀行は、大分県大分市に本店を置く地方銀行になります。この銀行では様々な商品を扱っていますが、ローン商品の中で比較的人気があるのがカードローンになります。基本的に銀行のカードローンは、消費者金融やクレジットカードの会社のカードローンに比べると、非常に魅力的なります。一番の魅力は、なんといっても信頼ができる点です。銀行が運営していますので、安心して借り入れをすることができるでしょう。
豊和銀行のカードローンの使い道は基本的に自由になります。これはどの銀行でも同じになりますが、一定の制限があり、事業性の高い資金は除きます。例えば会社を運営する場合や会社を起業する場合に資金が必要になりますが、カードローンで借りることはできません。
年齢は満20歳から60歳未満で借り入れをすることが可能です。年齢制限は65歳の銀行が多いですが、豊和銀行は60歳未満と制限がやや強くなっていますので借り入れするときには注意が必要になるでしょう。これに加えて、保証会社で保証を得ることができる人、そして現在勤めている会社の勤務年数が3年以上の人になります。ただし、90万円未満の借り入れであれば、3年未満の勤続年数でも特に問題はありません。また、前年度の収入が350万円以上あることが条件になります。この場合も90万円未満の借り入れであれば特に年収の制限はないです。例えば、パートやアルバイトで年収が350万円を切っている場合には、90万円まで借り入れすることができますが、それ以上の借り入れはできなくなります。
最高300万円まで借り入れすることができるのが豊和銀行のカードローンです。ただし、年収が350万円以上であっても、最高300万円まで借り入れすることができるわけではありません。いくらまで借り入れすることができるかは、その人の収入によって異なってくるところです。豊和銀行では、年収の半分の額であれば借り入れすることが可能です。例えば年収が500万円の場合であれば250万円まで借り入れすることができることになります。600万円以上であれば、300万円まで借り入れすることが可能です。
とはいえ、600万円以上の年収があったとしても、最初から300万円借りることができるわけではありません。お金を貸す以上は信頼が必要になります。住宅ローンなどであれば、物的担保を必要とするため、その人の信用はそこまで重要ではありません。もちろん年収などを考慮しますが、いざという時は物的担保を保持しているため銀行としてはそれほど問題ないでしょう。ところが、カードローンの場合は物的担保を必要とせずしかも保証も必要としません。このようなときに大事になるのは年収と信用になります。つまり信用があって初めて借入額が増えてきますが、この信用をつけるためには、借りた時に返済を期限まで行うことです。何度かかりてそれぞれ期限までに返済を行えば、少しずつ極度額が増えてきます。最終的に300万円まで借りることができるようになるでしょう。
期限までに返済を行わない人は基本的に次回から借り入れができなくなります。例えば、期限までに返済できず、自宅に督促状が届いているような状態の人は次回から借り入れすることができません。あるいは、ほかの銀行や消費者金融などでお金を借り、返済することができなくなり債務整理をしている人も借り入れができません。お金の借りは金銭的な信頼がとても重要になる例です。
もし、借り入れすることができない場合、ブラックリストに登録されてしまいます。実際にブラックリストと呼ばれる黒いリストがあるわけではありませんが、一般的に情報信用会社が所有している個人情報のことをブラックリストと総称します。ブラックお金借りる場合は、かなり強い制限が出てくるでしょう。豊和銀行で過去に債務整理をした場合は 2度と返すことができないと考えた方がよいです。その場合にはほかの銀行に当たりましょう。ただ、別の銀行であっても、債務整理が終わった時から5年ないしは7年間経過しなければブラックリストから名前が消えないため借り入れをすることは不可能だと思って間違いないでしょう。
勘違いしやすいところは、債務整理が終わった時から5年間ないしは7年間になります。これを、債務整理が始まった時からと勘違いしてしまうと、借り入れをしようと思ってもブラックリストに名前が掲載された状態ですので、結局借り入れすることができなくなります。一度審査に通らなくなると、半年から1年ぐらいは借り入れができなくなると思って間違いありません。銀行にもよりますが、仮に半年後にブラックリストから解除されたとしても審査されず門前払いになる可能性もあります。少し時間的な余裕を持って、借り入れをしてみましょう。
最後に、在籍確認を必要とします。業者によっては在籍確認がないところもありますが、銀行のほとんどは在籍確認をしています。