八千代銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

八千代銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

 

ここ数年、カードローンを利用する金融機関や消費者金融が増えてきました。

 

カードローンとは、クレジットカードでお金を借りることです。

 

従来クレジットカードにはクレジット機能しか付いていませんでしたが、最近はローンを組むことができるようになっています。

 

クレジットカードは、多くの人が所有していますが、ローンを組むことができれば、だれでも気軽にお金を借りることができるでしょう。

 

そんなカードローンは、クレジットカード会社や消費者金融だけでなく銀行でも使っています。

 

八千代銀行でも時代に合わせて3種類のクレジットカードを用意しています。

 

プラスユーネクスト・プラスユーネクストJそしてプラスユーカードローンになります。

 

この中でプラスユーネクストだけは八千代銀行で住宅ローンを組んでいる人しか使えません。

 

カードローンの融資額は、最大で300万円です。

スポンサードリンク

地方銀行の中では平均的な限度額と言えるでしょう。

 

借入金利は5.5パーセントから13パーセントです。

 

5.5パーセントは特別低いわけではありませんが、上限の13パーセントは国内銀行に比べても低いになります。

 

借入金額がそれほど多くない人にとっては、メリットが大きくなるといえるでしょう。

 

八千代銀行でカードローンの審査をする場合、まず本人確認が必要になります。

 

本人確認を証明する書類は、運転免許などで十分です。

 

運転免許を持っていなければパスポートや保険証を提示することで、本人確認ができます。

 

ただ、それ以前に年齢が20歳未満の場合や、60歳を超えている場合は本人確認ができても借り入れはできません。

 

どれだけ少ない金額であっても借り入れは無理です。

 

また、安定した収入が必要になります。

 

安定した収入といっても、会社員である必要はなく、非正規雇用であっても継続した収入があると判断されれば借り入れすることは簡単です。

 

二つ目の審査は、信用事故の確認になります。

 

ここで言う信用事故とは、個人信用情報機関が持っているデータをことをいいます。

 

適法にお金を貸している業者であれば、個人信用情報機関の会員になっています。

 

個人信用情報機関の会員になっている業者から過去にお金を借りた場合、滞納するか返済できない状態になれば、その情報が個人信用情報機関に反映されます。

 

そこに登録している業者であれば、その情報を閲覧することが可能です。

 

つまり、八千代銀行でお金を借りる人が、過去に別の金融機関や消費者金融からお金を借り、債務整理をしていたり、支払いの遅延をしていた場合には、信用事故があったことがわかってしまいます。

 

これはいわゆるブラックリストに名前が載っている状態です。

 

ブラックお金借りることは基本的にできません。

 

そもそも、信用事故になってしまった人はお金に対してルーズな感覚を持っている人です。

 

しっかりお金を管理することができないか、お金の扱いをいい加減にしているかですので、同じことを繰り返すのを避けるために、お金を貸さないようにしています

 

逆に言えば、信用事故になってしまっている人は、信用を取り戻さない限りお金を借りることができないことになります。

 

通常、一度でも信用を失ってしまえば、それを回復することはかなり難しいと考えておけばよいでしょう。

 

ですが、ブラックリストから名前がなくなることもないわけではありません。

 

それは、時間が経過した場合です。

 

どれぐらいの時間が必要かといえば、どのような理由によりブラックリストに名前が載ったかによっても変わってきます。

 

通常、お金を3カ月以上滞納してしまうと、その情報が信用情報機関に届いてしまい、ブラックリストに登録されます。

 

これがどれぐらいの時間で消えるかといえば、一般的には半年間とされています。

 

お金を完全に反した状態から半年以上経過しなければ、審査に通りません。

 

審査に通らなければ、その情報が再びブラックリストに載ってしまうことがあります。

 

そうすると、それからしばらくしないと、またお金を借りることができなくなり悪循環を繰り返すことになるでしょう。

 

そのため、半年間だけではなく、それ以上の時間をかけて確実に名前がなくなったと判断される場合に限り、審査を申し込みましょう。

 

債務整理の場合もブラックリストに登録されますが、この時は完済したか手続きが終わった段階からスタートし、5年間から10年間は名前が消えることありませんので要注意です。

 

名前が消えているかどうかは、信用情報機関に問い合わせることができます。

 

問い合わせる場合には、無料で行ってくれるのではなくお金がかかります。

 

1000円かかるだけでなく、市役所から本人が確認できる書類を取り寄せなければなりません。

 

もしそこで確認をすることができ、ブラックリストに名前がなければそのまま借り入れしてもよいでしょう。

 

ですが、まだブラックリストに名前があり、事故情報が登録されているならば、またしばらくしてから照会してもらいましょう。

スポンサードリンク