関西アーバン銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

関西アーバン銀行カードローンブラックお金借りる審査通過のコツ 在籍確認なし?

関西アーバン銀行は関西を中心に営業を持つ地方銀行で、今後、同じ三井住友銀行グループ傘下のみなと銀行と、りそなグループ傘下の近畿大阪銀行との合併が進められ、より基盤を強化をしている銀行です。
そんな関西アーバン銀行のカードローンは「アーバンカードローン」があり、不動産担保型・無担保型の「アーバンフリーローン」があります。
独自の商品開発で注目される関西アーバン銀行のカードローンの魅力は限度額が500万円と大きいこと、申し込みから融資まで店舗に足を運ぶことなく手続きできる点です。
インターネットでの申し込みの他に、FAXや電話でもできますが、手続きが簡単でスピーディーな申し込みができるのがインターネットです。
気になる金利は年利4.0〜14.4%で、100万円以下の融資であれば14.4%と、他の銀行カードローンと比較して同水準です。
総じて銀行カードローンの審査の特長として保証会社の審査を通り、保証が受けられることが条件になります。
保証会社から保証が受けられるから、無担保・保証人なしでも対応できる訳です。
関西アーバン銀行の場合は同じ三井住友銀行グループであるSMBCコンシューマーファイナンスことプロミスです。
三井住友銀行グループである場合、多くはプロミスが保証会社となっています。
インターネットから申し込んだ場合、保証会社から連絡があり、審査が通過した後に正式な契約となります。
つまり、保証会社の仮審査を受けて、関西アーバン銀行から本人確認書類や収入証明書などの提出が求められるという流れになります。
アーバンカードローンも使い道自由ですが、よりおまとめローンに特化したものが「アーバンフリーローン」です。
こちらは無担保型と不動産担保型の二つがありますが、金利はカードローンよりも1%低い13.5%が上限となっています。
融資金額は最高で500万円という点も変わりはありませんが、保証会社がカードローンと違ってクレディセゾンまたはジャックスのいずれかの保証を受けることがひとつの条件になっています。
こうしたフリーローンとカードローンで保証会社が異なることはよくあることです。
まず関西アーバン銀行のカードローンの審査通過のポイントはプロミスから借り入れがないこと、あるいは過去に事故を起こしていないかです。

銀行は共通して消費者金融のような高金利の借り入れがあると、審査が厳しくなる傾向があります。
また、過去に債務整理した場合は信用情報機関に5年間は異動情報こと、ブラックリストという状態になっているため、借り入れができなくなります。
もし、プロミスを債務整理した場合で以降、関西アーバン銀行から二度と借り入れができなくなるかと言えば、そうでもありません。
与信は信用情報機関に登録されている情報を元に行われます。
これは、どのカードローンであっても同じです。
この信用情報機関をチェックし、与信を与えているのが関西アーバン銀行のカードローンではプロミスであり、本契約は銀行自体となっています。
債務整理を行っていなくても、3ヵ月間の長期にわたり延滞の状態が続いている場合は同様にブラックリストの状態ですので、審査は通りません。
ただし、ブラックリストの状態から脱すれば、収入等の条件を元に借り入れも可能となります。
一方のアーバンフリーローンはおまとめローンに適したもので、公式ホームページで具体例が紹介されています。
カードローンよりも金利が1%低い点も大きく、借金をまとめて返済をラクにすることもできます。
同じブラックお金借りるケースであっても、延滞であるか、それとも過去に申し込んで審査に落ちた場合では事情が違ってきます。
延滞である場合は審査に落ちることがあっても、申し込みで審査に落ちた場合は条件が整えば、利用も可能となります。
関西アーバン銀行の場合はカードローンも、フリーローンも、インターネットで申し込みができ、店に足を運ばなくても良いのですが、収入証明書の提出は求められます。
ただし、カードローンの場合は保証会社にプロミスが入っていますので、審査の流れは消費者金融に準じたものとなります。
そのため、収入証明書で安定した収入があり、証明書で在籍が確認が取れれば、在籍確認で電話が会社に掛かってこない場合もありますが、すべてのケースではないので要注意です。
また、在籍を確認する手段としては保険証の提出があり、加入の日付で勤続年数の証明も可能となります。

銀行カードローンの審査の通過ポイントのカギは保証会社にあり、その保証会社が無担保ローンでどのような審査を行っているかで在籍確認などの電話の有無も変わってきます。
確実に審査に通過するなら、プロミスで延滞しないこと、運転免許証や収入証明書・保険証など想定される書類を揃えておくと審査・確認時に慌てなくても済みます。
また、フリーローンはクレジット会社が保証会社になっていますので、過去にプロミスの利用で不安な点がある場合はそちらで審査を受けてみるのも方法です。