家賃払えない!家賃はクレカ支払い可能?メリットとデメリット

家賃払えない!家賃はクレカ支払い可能?メリットとデメリット

最近は、水道料金やガス料金をクレジットカード払いで行うだけでなく、家賃もクレジットカード払いが可能です。クレジットカードで家賃の引き落としが可能かは、まだ全てではありませんが、できるところは多くなってきているようです。どんなメリットが、クレジットカードの家賃払いにはあるものなのでしょうか。クレジットカードのサービスの1つに、利用額に応じたポイントがつくものがあります。

 

カードを使えば使うほど、ポイントが入るというものです。ある程度のポイントが入ると、そのポイントを消費して景品をもらったり、サービスが使えたりします。毎月必ずクレジットカードで引き落とされるものを設定しておくと、特に意識しなくてもどんどんクレジットカードのポイントがたまっていきます。毎月の支払いをクレジットカードに設定しておけば、自動引き落としがある度にポイントがふえていきます。

 

ポイントを蓄積するために、わざわざ買い物をたくさんしなくても、ガス代や水道代であればポイントの方から勝手に溜まっていっているようなものです。気づかぬうちにポイントがふえていると、得した気分になれます。ガス代や水道代より、家賃のほうがコンスタントな支出になっている家が多いので、場合によってはポイントがどんどん入るようになります。家賃をクレジット払いにすることで、何もしなくてもポイントが入り、家賃の入れ忘れもなくなって、いいことづくめです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

家賃をクレジットカードで支払う時の注意点

 

クレジットカード払いで家賃の払いこみをすれば、支払い忘れもなくなりますし、何もしなくてもポイントが蓄積されます。どんなことに気をつけてクレジットカードの家賃払いの手続きをすれば、円滑にいくでしょう。

 

今はまだ、マンションの管理会社のやり方などによって、クレジットカードを使えるかどうかは異なります。クレジットカード支払い対応になる時には、店側がクレジットカード会社と手続きをします。クレジットカードの提携すると、手数料の支払いが発生します。どうすることで、クレジットカードの家賃払いが可能な状況にすることが可能でしょう。クレジットカード会社と契約すると、管理会社や大家さんは、クレジットカード会社に手数料を支払うことになります。現時点では、クレジットカードを使って家賃を払えない会社の方が多いようです。

 

最近では、水道代やガス代など、様々な費用がクレジットカードで払えるようになっています。クレジットカードを利用した家賃決済も、今後とも対応する建物が多くなっていくでしょう。クレジットカードに対応している会社によっては、手数料分を上乗せすることでカード払いに対応するケースもあるようです。家賃をクレジットカードで支払うことに対応するけれども、自社カードでなければいけないということもあるようです。

 

 

スポンサードリンク

 

家賃をクレジットカードで支払える会社

クレジットカードで家賃の払い込みができるところは、今のところどこでしょうか。決済を代行ハピーズと提携しているアパマンショップは、クレジットカード払いができるようになっています。こうすることによって、大家側が支払わなければならないクレジットカードの手数料をなくしているのです。大東建託や、積和不動産が所有するマンションも、クレジットカード払いができます。

 

ここの場合は、クレジットカード払いにすると家賃の他に手数料を支払います。

 

クレジットカードで家賃決済をすることで、保証人を立てずとも賃貸を借りることが可能になるということもあります。もしも居住先を探している場合は、クレジットカード払いに関する条件がどうなっているかを調べてみましょう。管理会社によっては、入居者がクレジットカードを所有しているなら、その人の信用力が高いと判断するということがあります。未だ、全ての賃貸がクレジットカード払いができるという状況ではありません。

 

家賃をクレジットカードで決済したいという人は、あらかじめそういう物件に目星をつけておいた方が、スムーズに進むことでしょう。大手の管理会社が運営しているマンションや、アパートが多いようです。家賃をクレジットカードで払い込みたいと頼んでみるという手段もあるようです。