家族にも誰にもばれずに5万円借りたい 嫁や会社にもばれずにキャッシングしたい

家族にも誰にもばれずに5万円借りたい 嫁や会社にもばれずにキャッシングしたい

 

会社の人たちとの急な飲み会などでお金が必要になった時に「キャッシング」は頼もしい味方です。キャッシングは消費者金融や銀行でもできます。最近は大手の消費者金融や銀行カードローンでのキャッシングを宣伝するテレビコマーシャルがたくさんあり、利用者も多くなっています。

 

知人や家族にお金を借りるとそれが元で縁が切れるということもあるのですが、金融機関なら気兼ねなく借りることができます。

 

それでもお金を借りれば延滞せずに決められたお金をきちんと返す必要があります。貸す側もきちんと返してくれる人という信用がなければ貸すことができません。そこで消費者金融でも銀行カードローンでも返済能力がある人かどうかを審査する必要があります。

 

初めに申し込むときに、申込者の名前や住所などのほかに勤務先や年収、金属年収、他社での借り入れなど申込者の経済状況を申告するのですが、その内容に虚偽がないか、または返済できるだけの収入があるかを調べるために審査をするのです。審査の中には申告した勤務先で本当に勤務をしているのかを確認するために勤務先に電話をする在籍確認をすることもあります。

 

 

スポンサードリンク

 

貸金業法の改正によって貸金業である消費者金融では借り入れは年収の3分の1まで、利息は最高20%と定められているのでその範囲内での借入となります。だから借入限度額は個々によって変わってきます。銀行は貸金業ではないので、その法律には該当しませんが、きちんと返済できるだけの額として同程度の借入上限が審査によって決められます。

 

さてお金借りるにあたっては、以前は直接店舗に行くか電話で申し込むという方法でしたが、街の中に専用のATMがたくさんできているのでそれを利用して借り入れの申込をすることができます。また近年多くの人が利用するようになった理由の一つにスマホやパソコンから申し込むことができるということです。

 

インターネットでの申込ならいつでもどこからで申込むことができます。必要事項を入力して送信することで申し込みができ、その内容の審査をしてもらいます。審査に通過すれば本人確認の証明書と、業者や借入申込額によっては収入証明書などの書類を提出して契約を結ぶことになるのですが、その提出も以前は郵送や店舗で行っていたものが最近ではスマホやパソコンから写メールで送ることができます。

 

そして契約が完了すればいよいよ融資を受けることになりますが、キャッシングのためのカードが送られてくるのを待ってからの融資となります。カードさえ受け取ればいつでも利用することができるようになります。

 

申込から融資まではこのような手順となりますが、家族や誰にもばれずにお金を借りたい場合はどうすれば良いのでしょうか。もし5万円を借りたい時に、申し込みはインターネットででき、必要書類の手出もインターネットでできてもカードが送られてくるときにばれる可能性があります。また在籍確認で会社に電話がかかってくることでバレる可能性もあります。

 

もし誰にもばれずにキャッシングを申し込みたい時は「審査で在籍確認がない」「郵便物が送られてこない」業者を選ぶことです。在籍確認歯審査には必須ですが、勤務先で働いていることを証明する健康保険証や給与明細などの書類を証明できる書類を提出すればそれで在籍確認ができるというところもあります。また50万円以下など少額の申込には在籍確認がないというところもあります。だから「5万円借りたい」という場合には少額なら在籍確認が不要という業者を選びます。

 

また郵便物が送られてこないというところもあります。カードがなくてもWebのIDやパスワードで融資が可能な業者もあります。銀行はカードローンになりますが大手の消費者金融なら可能な業者があるので在籍確認も郵便物もなければ誰にもばれずにキャッシングをすることができるのです。

 

 

スポンサードリンク